TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン47号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/10/22 19:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

煉獄のカルマ(週刊少年マガジン47号PART.1)
第1話 高校生編1
原作/廣瀬俊 漫画/春場ねぎ、新連載巻頭カラー

『聲の形』に味をしめたのかは知らんけどまた辛気臭い漫画が始まっちゃてまあ、『聲の形』は特殊な例外と考えるべきだろうになんでこう安易に二匹目のドジョウ狙っちゃうかね。

ま『聲の形』連載化の時ははげしくディスったオレがゆうてもあんま説得力はないんだけれど。

ちなみにもし万が一だけどこの漫画が化けたらサラッと掌を返すんでそこら辺はよろしく(笑)。

週刊少年マガジン47号PART.2の感想はこちらから


七つの大罪
第99話 決着
元気玉+V字斬りみたいな。

ただなあ、ゴウセル曰く
「俺の計算だとこのリベンジカウンターを受けたお前の生存率は0.2%だ」
って事は0.2%は生きてる可能性があるって事でもあるわけで。

どこぞのセルよろしく消滅したあたりと合わせて復活フラグとも取れなくはないんだけどさてはて。


聲の形
第58話 成果
メッタ斬りワロタ、でも密室ならともかく公開の場で素人の映画をここまでズタボロにけなすってホントにあるん?

とりあえず読者としてはちゃんと映画見てないんでなんとも言い様がない(とはいえなんぼなんでも眉毛ディスは言いがかりだと思うの)んだが川井はやっぱ他者が見ても気持ちが悪いのな。

でもま今週はなんといってもラスト2Pなファミレスのシーン(なかでもいろいろホントにいろいろあったけどここに辿りつけたよ的な結絃の涙とかさ、勿論硝子の笑顔はプライスレス)がしみじみと良かったことであるよ。

あそうそう島田だけど終りが近いだろう事を考えるともしかせんでもアレで終わりなんかね。


聲の形(6) (講談社コミックス)
大今 良時
講談社 (2014-10-17)


AKB49〜恋愛禁止条例〜
第203話 キラキラコートのシンデレラ
「今のあなたらな勝てるかもしれない」って事はたかみな自身は大島優子に勝てると思ってないと。

それはそれとして払い戻し可って一体どういう風に、封切ったCDごと着払いで送り返すと代金ががかえって来たりするんだろうか。

後ウィキペディア見たらなんか会員でも投票権もらえるみたいなんだがその場合は。


山田くんと7人の魔女
うらら必死可愛いです。


ダイヤのA
あれえ盗塁で二塁行っちゃうんだ、なんか前園アップのカットもあったしもしかして御幸はタイムリー止まりで逆転打は前園という可能性も微レ存?


ベイビーステップ
まあエーちゃんが強い相手とやると大体こういうパターンとはいえざっくりタクマつえーなオイ。

あそうそう前回のスピンとフラット間違ってなかったのな、まさかスピードを落としたフラットって事だったとは、いやあすんませんでした。


ACMA:GAME
何が気になるってやっぱコレだよなあ、てるりんの時もそうだったけど一体何をやらせるつもりなんだか>参加条件は眞鍋悠季を連れてくること


ACMA:GAME(8) (講談社コミックス)
恵 広史
講談社 (2014-10-17)


ドメスティックな彼女
十何年後、ヒナの子供が持ち帰った水筒に入っていた蜂が致命傷になるんですねわかります。


表紙&巻頭グラビア
山本美月

金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、真島ヒロ『FAIRY TAIL』が巻頭カラーで、他水あさと「男三女四」が出張読み切りで登場。

週刊少年マガジン47号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン46号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン46号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
>新連載
俺なんかは手のひら返す作品ばっかになって欲しいなって思っていますよ、何とか生き残りますようにって…可能性低そうですが…
アンノウン
2014/10/22 20:42
>七つの大罪
今週のメリオダスは素直に格好よかったっす

後、別マガの番外編で結構重要な情報出てて驚いた
キララ
2014/10/22 21:00
>聲の形
相手をけなす事と辛口評論をはき違えている
妖精姿の幼女で客を釣りたかったという、意味不明な解釈
眉毛のせいで集中出来なかったという、批評として成立していない批評

多分この人って実在の某辛口映画評論家(笑)がモデルなのかなと思いますけどねw
大勢の観てる前で個人を吊し上げて叩くってのは実際にやったらアウトです
タク
2014/10/22 21:52
カルマ
けっこう楽しめました。
インパクトはあったんで1話で切るって人は少ないんじゃないかと。

聲の形
審査員ドイヒーw
島田が「糞みてーな奴」っていってくれたんで良かったです

プリモ
2014/10/22 22:14
こんばんは。
七つの大罪。
誰よりも優しく非道の限りを行った男の最後は、エリザベスの言うように、悲しく切ない戦いでした・・。
竹丸
2014/10/22 22:49
七つの大罪
まだドレファスの別人格?も残ってますし、若干いかれたヘンドリクセンとセットで再登場とか?
ゆうき
2014/10/22 22:54
>聲の形
自分某芸術系大学の映像科出身で色々自主映画の大会とか見てきましたがあんな審査員見たことないすわ
まあ西宮父達と同じでドラマを成立させるために必要な悪役だったのかなーと
hoppy
2014/10/23 17:35
>アンノウンさん
いややっぱ一話目から文句なく面白い作品ばっかのほうがいいなあと、勿論ないものねだりなのはわかってるけどw
TALKING MAN
2014/10/23 22:46
>キララさん
うん、実に主人公してたやね

ほう、それは気になるやのう>別マガの番外編で結構重要な情報
TALKING MAN
2014/10/23 22:49
>タクさん
やっぱないよねえ、ってかお前はロリコンかみたいな

何にしても何かしらモデルはいそうですね
TALKING MAN
2014/10/23 22:51
>プリモさん
>カルマ
こういうの読むならクズは燃えちらかす系の話のほうがまだいいなあとw

>聲の形
とはいえ島田も過去の行状を考えるとやっぱなあと
TALKING MAN
2014/10/23 22:54
>竹丸さん
オレ的にはあんまり切なくはなかったかな
TALKING MAN
2014/10/23 22:57
>ゆうきさん
ドレファスの別人格ってなんだっけか
TALKING MAN
2014/10/23 22:58
>hoppyさん
ああやっぱそうなんですか>色々自主映画の大会とか見てきましたがあんな審査員見たことないすわ

何かしらモデルはいるのかなあと思いつつもメインはそれでしょうね>ドラマを成立させるために必要な悪役
TALKING MAN
2014/10/23 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン47号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる