TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン46号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/10/15 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

せっかち伯爵と時間どろぼう(週刊少年マガジン46号PART.2)
第42話 水滴の下
久米田康治、第一部最終回。

えマジに打ち切りかよと思ったら即第二部スタートの告知が>第二部「せっかち伯爵と時間の囚人」次号スタート

って事はようするにガチに二周目やっちゃうと、えーとタイトルはハリポタから?




週刊少年マガジン46号PART.1の感想はこちらから


ダイヤのA
第402話 絶体絶命
うんまあ知ってた。

とりあえず春市がヒットを打つのに一週、御幸が逆転ホームランを打つのに二週、9回裏に三週という風に計算すれば年内決着も可能だけどま、まず無理やろなあ。


AKB49〜恋愛禁止条例〜
第202話 白紙のラブレター
いきなり岡部卒業ってオイ。

作者的には扱いに困ってたキャラを退場させることが逆転のキッカケにもなるなんてなんという一石二鳥のアイデア、オレって天才って事なのかもなんだが、そらファンはキレるってばよ。


聲の形
第57話 さいかい
いい最終回だった。

なかでも怒涛のバツはがれはたしかに感動的ではあった(特に見開きは圧巻)んだがヤンデレな植野は兎も角として川井がすっかり改心した風なのはどうも違和感を覚えてしまうのだった。


聲の形(6) (講談社コミックス)
大今 良時
講談社 (2014-10-17)


神さまの言うとおり弐
これは良いお尻ですね。


はじめの一歩
今回だけで云えば久々にかなり良かった(『あしたのジョー』オマージュとも云う、つっても一歩世界には陽子葉子さん居ないしさすがに久美とくっ付くとは思うんだけれども)んだがその引退の日が最短でも10年後だろうって事を考えるとだな。


UQ HOLDER!
瘴気をすくって再生するわ、グランドマスタークラスの魔法の使い手だわ、不死者にも感染するウイルスまでも作れるわと小夜子どんだけハイスペックなんだよ。


こもりちゃんはヤる気を出せ
「阿部のいる町」といいこの漫画といいいい加減勘弁してくれんかのう。


表紙&巻頭グラビア
佐野ひなこ

生徒会役員共、金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、原作/廣瀬俊 漫画/春場ねぎ「煉獄のカルマ」が巻頭カラーで新連載スタート、他流石景×瀬尾公治×宮島礼吏×恵広史「湯けむりマガジンひろいんず!」がセンターカラーで登場。

週刊少年マガジン46号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン45号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン45号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
> 一歩世界には陽子さん居ないし

葉子さんのことかな……
CHARADE
2014/10/15 23:43
ああそうですそうです、自分でもなんか違和感はあったんだうん(言い訳w
TALKING MAN
2014/10/15 23:47
聲の形
川井は見た目もメガネ委員長に戻ってるし、映画製作期間中に色々とあったんじゃないですかね?
あくまで個人的な好みですけども、漫画は多少ご都合主義でも最終回はハッピーエンドにして欲しいんで嫌なキャラのまま終わられるよりはこっちの方が良いですな
まぁ西宮の父親とその両親だけは糞キャラのまま終わって欲しいけども
タク
2014/10/15 23:55
UQのアレは打ち切り前の好き勝手だといいなぁ……。
ほら、掲載順も下がってますし、擬似ラスボスって事で。
通りすがり
2014/10/16 00:32
>タクさん
そろそろ終わり近そうだしやっぱそういう事なんですかね>川井

あああいつらはもう出てこないっしょ>西宮の父親とその両親
TALKING MAN
2014/10/16 23:55
>通りすがりさん
『聲の形』が円満終了近しってところだしオレ的にはマガジンで読める方のUQに終わってもらったら困るなあと
TALKING MAN
2014/10/16 23:57
>AKB
吉永さん人気ないからってそれより人気あるアリス、岡部退場させて無理やり人気あげようとか編集や担当は何考えてるんでしょうかね?
レン
2014/10/18 01:53
アリスはちゃんと見せ場があったんでオッケーなんだけどお壁の場合ほぼスルーされてきた挙句これってのがもうね
TALKING MAN
2014/10/19 01:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン46号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる