TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン46号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/10/15 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

七つの大罪(週刊少年マガジン46号PART.1)
第98話 祈り
巻頭カラー

フルカウンターを使えないって思わせるのが作戦のキモなのは間違いないとしてもなんかもう一つありそうな気もするんだがさて。

しかしゴウセルってほんと何者なんだよ!!


七つの大罪(11) (講談社コミックス)
鈴木 央
講談社 (2014-10-17)


週刊少年マガジン46号PART.2の感想はこちらから


ACMA:GAME
マルコ・ベルモンド編
センターカラー
今回は読者アンケートで最高支持率を獲得したらしいマルコメインな読み切りが掲載。

正直主人公としてはてるりんよりよっぽどマルコの方がだな……、ただ何やら微妙に死亡フラグと取れなくもないラストはちょっと気になるところだったり。


ACMA:GAME(8) (講談社コミックス)
恵 広史
講談社 (2014-10-17)


あひるの空
第449話 ライジング・ダウン
新城東和敗退ってオイ、思わずリアルで「えっ?」って声出しちゃったじゃねえか。

あれだけ色々伏線を引いていたのはマジで何だったのか。


アンズー
我孫子祐、読み切りセンターカラー
いやま思ったよりかは読めたんだが面白いかと言われるとアレだし何よりなんぼ何でもいきなり熊がポップアップモンスターのごとく増殖するのは意味不明すぎると思うの。

ちなみにこの町だけだったらすぐ駆逐されるだろう事を考えると全世界的に起こってるって事なんだろうか、ってそうやって突っ込む漫画じゃないんだろうけどさ。


風夏
もうこれ最終回でいいんじゃないですかね。


ベイビーステップ
タクマ寝取られパワー全開の巻(スピンとフラットを間違えてるっぽいのはまあどんまいだ)。

こら第1セットダウンは必至、勝負は少しは目が慣れてくるだろう第2セットからって感じですか。


ドメスティックな彼女
オナニーした指が濡れてないやり直し。


鉄の王
今回はまーた『寄生獣』ぽかった(市庁舎包囲殲滅シーン)です。


表紙&巻頭グラビア
佐野ひなこ

生徒会役員共、金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、原作/廣瀬俊 漫画/春場ねぎ「煉獄のカルマ」が巻頭カラーで新連載スタート、他流石景×瀬尾公治×宮島礼吏×恵広史「湯けむりマガジンひろいんず!」がセンターカラーで登場。

週刊少年マガジン46号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン45号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン45号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
指が濡れていない>
ほら、マガジンって少年誌だし自重してるんだよ、きっと…あれ?
キララ
2014/10/15 21:56
もしくは単行本買えみたいなw
TALKING MAN
2014/10/15 22:17
アンズー>
漫画としてのまとまりはともかく、さすがに掲載誌を間違えている気がします
どう見てもコロコロコミック(講談社だと今は亡きボンボンですかね)でしょうこれ
マガジンはジャンプより読者年齢層高いと思うんですよね
最近の編集部の迷走っぷりの象徴みたいな印象受けました
あき
2014/10/16 16:49
コロコロとまでは言わんけどたしかに週マガというよりはどっちかというと別マガとかそっち向けかなあとは思いますね
TALKING MAN
2014/10/16 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン46号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる