TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン40号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/09/03 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

ベイビーステップ(週刊少年マガジン40号PART.1)
#312 必然

そらタクマに勝たなあかんことを考えたらこの圧勝展開は必然といやあ必然なんだろうけどさすがにここまでの噛ませ扱いは予想してなかったことであるよ。

というかだ、ちゃらんぽらん野郎とはいえ腐っても元世代トップなプロをその実力でねじ伏せ絶望させるエーちゃんマジパないっす。




週刊少年マガジン40号PART.2の感想はこちらから


UQ HOLDER!
Stage.48 楽しい記憶
やっぱ真犯人は別にいてなんだかんだで仲間になる展開なんだなとか思ってたら(アイス交換してるところなんて完全におにゃの子じゃないですか三太)凄いちゃぶ台返しが。

不死ってレベルじゃねぇぞこれ>あの子…自分では覚えてないけどもう…死んでいるんです


はじめの一歩
Round 1070 2敗目
ああ10年は甘かった、最低でも後20年は終わりませんわこの漫画。

つかここまで来るとジョージの寿命と追っかけっ子な悪寒。


あひるの空
第448話 AROUND THE ROUND10
だよねえ>見てたろ、中学の県ベスト8ったって高校じゃこんなもんだ

全中ベスト8ならいざ知らず中学の県ベスト8風情でホント何勘違いしてんだか、まそういう意味ではある意味気持ちよかったです。

ヤスはまあ爆発しとけばいいんじゃないかな。


風夏
巻頭カラー&一挙二話で登場。
はいはい伝説のライブ伝説のライブ。

ってあのホモそんな経歴の持ち主だったんかい、つくづくなんでもありやのう。


生徒会役員共
なんでこうマガジンは一挙二話が好きなのか。


ドメスティックな彼女
ビッチちゃんの次は天然文学少女のターンと、後この筆談展開は『聲の形』オマージュだったりするんだろうか。


神さまの言うとおり弐
今度は光圀かい、しかもナツメグはナツメグでいちおう死んでなかったとはいえ絶賛洗脳中と来たもんだ。


我妻さんは俺のヨメ
残り3話って事はやはりというかタイムスリッパーの存在理由とかそういうのはスルーなのな、そして曲がりなりにも決着を付けた蘭ちゃんは兎も角としてシルヴィアの立場って一体。




表紙&巻頭グラビア
小島瑠璃子

次号、安田剛士『DAYS』が巻頭カラー&一挙二話で、他コンノトヒロ「こもりちゃんはヤる気を出せ」がセンターカラーで新連載スタート。

週刊少年マガジン40号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン39号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン39号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
我妻さん・後三話で終わるのか・・寂しいです。
竹丸
2014/09/03 21:07
神さまのいうとおり弐・光圀散る・・。
彼は最後まで戦い・・勇ましい最後でした。火サルの激しいバトルも見所でしたね。
ナツメグが犬にされているなんて、桃太郎外道すぎる。
竹丸
2014/09/03 21:13
一歩>鷹村のジェラシーっぽい描写は、今後まさか鷹村まで敗戦させて引き延ばすんじゃ…

風夏>まともな作者ならこっちをヒロインにするだろうに…
現在放送中の某アニメもそうですが「作品タイトルに名前の入っているメインヒロイン」以外の娘と結ばれる前例はあるので、決しておかしくはないんですがねぇ
グリズリー
2014/09/03 21:42
赤松漫画の三太、誰かに似ていると思ったら、わたもてのもこっちに似てるんだな
名無し
2014/09/03 21:57
>竹丸さん
>我妻さん
ちゃんと終われるといいんですが

>神さま
各組一人ずつ退場でバランス取ったって事なんだろうかこれ
TALKING MAN
2014/09/03 22:15
>グリズリーさん
>一歩
ここで忘れた頃の網膜はく離フラクがとかw

>風夏
ん、なんだろ?>現在放送中の某アニメ
TALKING MAN
2014/09/03 22:18
>名無しさん
その発想は無かった、でもまあたしかに言われてみればw
TALKING MAN
2014/09/03 22:21
我妻さんの打ち切り(?)は内容や単行本の売り上げ的にやっぱりなあって感じです

二話掲載やるぐらいなら読み切りやればいいのに。いきなり聞いたこともない新人漫画家が糞漫画やるからあきれるんだよなあ
ヒロ
2014/09/03 22:56
あひる
とも子は作中屈指の美少女だと思ってます
ヤス優遇されてますな
プリモ
2014/09/04 08:06
現在放送中の某アニメ>ご覧になっててネタバレになるかもと思ったんですが、「アカメが斬る!」のことです
グリズリー
2014/09/04 19:20
>ヒロさん
我妻さん打ち切りなんかね、まどうでもいいけどw

>二話掲載やるぐらいなら読み切りやればいいのに
七つの大罪とか聲の形とか珍しく読み切り載せたのはヒットしてるんだよね、まあ後者は特に特殊ではあるんだが
TALKING MAN
2014/09/04 19:55
>プリモさん
真面目な話百春とまどかはくっついたっぽいしヤスも幸せになっていい頃かなとは思ったりw
TALKING MAN
2014/09/04 19:58
>グリズリーさん
あ、そうなんだいちおう見てるけどま別にオッケーですw、2クールとはいえいまだ連載中みたいなんで決着は付かないだろうし>アカメが斬る!
TALKING MAN
2014/09/04 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン40号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる