TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー42号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/09/18 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー42号PART.1)
第465話 八か月(十年)目の決着。

なんかまた絵柄が……、あクラウスさんちぃーす。

でラストのアレだけどアニメ三期で出てきた黒椿ということでよろしいか。

週刊少年サンデー42号PART.2の感想はこちらから


湯神くんには友達がいない
第28話 湯神くんの晴れ舞台
表紙&巻頭カラー
お話的にも面白かったんだけど今回はなんといってもちひろちゃんが実にメインヒロインしてて可愛かったのがもうね、まだからといってくっ付くとかそういうのは無いんだろうけどなー。

後落ち込んでたと思いきやなんだかんだで自己解決してスッキリな湯神くんとモヤモヤ残りっぱなしな門田と林山の対比というオチがまたナイスだったことであるよ。

そういやカラーページでサンデーCM劇場新作オンエアな記事が上がってきたけど今サンデーでもっともアニメ化に近いのってもしかしたら湯神くんなんじゃ?




NOBELU -演-
第六十八話 同じ息子なのに
あああれどうなったんだろと思ってたけどガチに殺してたのな、ってちょっと待てでもアレ病院じゃなかったっけか。

病院から車いすに乗せ自宅に運んでバスタブに押し込めたってのはさすがに無理があると思うんだが。

後栗ネオを嵌めたのは当然サンタだろうとは思ってたがまさかペーソスがそのホストだったとは、なんという家内制手工業。

でテトラだけどアレは最初の子が発現したって事でいいんだよね。




名探偵コナン
まさか自殺オチだったとは。


境界のRINNE
鳳の姉の名前がついに判明の巻。

それにつけてもホントダメンズやのう美人おねえちゃん。


絶対可憐チルドレン
中二病な妄想癖は置いとくとしてだ、バレットたちを前にしてのあの妙なふてぶてしさと落ち着き様はなにやらアンディ・ヒノミヤを思わせるものがあるような気がしないでもないのだった。


姉ログ 靄子姉さんの止まらないモノローグ
結局夢オチかい!!


クロノ・モノクローム
師の予想を超えて更に一歩先へ。

ベタだけどやっぱいいよね、うん、と言いたいところなんだがなんか微妙にクロが黒いのとこれでいよいよフィリドールがお役御免っぽいのがだな。




何もないけど空は青い
普通に考えるとこの前おまわりさんの奥さんを助けたのが伏線だと思われるんだがさてはて。


電波教師
このオールキャスト展開を見るにどうやらさすがに終わりそうやね、よすよす。


キャプテン・アース、銀の匙 Silver Spoon、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、藤沢とおる「おいしい神しゃま」が表紙&巻頭カラー&一挙二話で新連載スタート。

週刊少年サンデー42号PART.2の感想はこちらから
週刊少年サンデー41号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー41号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー42号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる