TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン39号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/08/27 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

AKB49〜恋愛禁止条例〜(週刊少年マガジン39号PART.1)
第195話 スキャンダラスなI Love You
舞台化&4周年突破記念巻頭カラー

全部まるっとお見通しな秋Pに関してはなんだかなあと思いつつもアリスの健気さにはあらためてグッと来るものが。

この後はすべてを知ったみのりが何を選択するかって感じかね。



AKB49~恋愛禁止条例~(21) (少年マガジンコミックス)

週刊少年マガジン39号PART.2の感想はこちらから


鉄の王
#003 願い
さの隆、新連載第3回。
既視感バリバリなシチュエーションやセリフ回しは気になるも前回に引き続き説明なしでガンガン進むのはアリかなあと思わないでもないのだった。


山田くんと7人の魔女
第123話 防犯ブザーが鳴ってるぞ?
『我妻さん』がもう少しで終わるからかどうかはしらんがこの漫画にもタイムスリッパー爆誕の巻。

といってもおそらく魔女は黒崎ではなく有栖川(ロリ栖川可愛いよロリ栖川)の方なんだろうけれども。


はじめの一歩
Round 1069 粉砕
濃厚な負けフラグ通り伊達戦以来の敗北を喫することに。

流れ的にはたしかに必然なのかもなんだがこれでまず間違いなく後10年は終わらん(復帰戦決まるまでに一年復帰戦で一年使うと見た)だろう事を考えると……。


七つの大罪
バンはやはり頼りになるやのうというお話。

いやキングもいちおう活躍はしてたんだがヘルブラムの話は流れ的に致し方ないとはいえちょっとくどいというか今更感があってだな。


あひるの空
トビを温存させる為に頑張るヤス格好良いです。

ところでこれ空の事を一年生と勘違いしてるって事なんかね>くそ何やってんだ、同じ1年自分より小さい相手に


風夏
茶番すなあ。


生徒会役員共
すずが「らめぇ!!」とか言っちゃってるでオイ。


コーポ失楽園
誰も見てないラーメン食べあるきブログで不覚にも笑ってまったい。


神さまの言うとおり弐
流れ的には三人共なんとか大丈夫そうだがさてどうなりますか。


ルポ魂!
にしもとひでおがゲストに登場、でも描く人がこれでは……。


(講談社コミックス)" style="border: none;" />

表紙&巻頭グラビア
山本彩

金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、瀬尾公治『風夏』が巻頭カラー&一挙二話で登場。

週刊少年マガジン39号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン38号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン38号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
遂に我妻さんのネタをパクるマンガまで表われたか。
竹丸
2014/08/27 20:48
ルポマンガ・西本先生の元気は健在でした。
竹丸
2014/08/27 20:51
別にパクリってわけじゃないと思うで>山田くんと7人の魔女
TALKING MAN
2014/08/27 20:53
神様の言うとおり弐・三人がまだ生き残っているとして、明石は発動できるかな。
竹丸
2014/08/27 21:00
まあそこは主人公だし大丈夫っしょ
TALKING MAN
2014/08/27 21:22
一歩
長すぎる長すぎる長すぎる

あひる
やっぱヤスは男前
とも子ちゃんの前で大活躍だね

ルポ魂
どんちゃんを出してこのクオリティとは・・・
プリモ
2014/08/27 22:22
>あひる
ただチャッキーの事を思い出すとやはり悲しい物が、まあこのレベルでは通用しなかっただろうから仕方がないっちゃ仕方がないんだろうけど

>ルポ魂
全然気づかんかったw>どんちゃん
TALKING MAN
2014/08/27 23:59
>一歩
これで数年後に一歩が病院のベッドで目覚めてボクサー引退という流れだったらジョーに並ぶ神作品になれると思います
あき
2014/08/28 01:56
もしくはせめていきなり何年かすっ飛ばして宮田きゅんと対戦展開とか、まあ絶対無いだろうけど
TALKING MAN
2014/08/28 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン39号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる