TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン32号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/07/09 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

アゲイン!! 延長線(週刊少年マガジン32号PART.2)
前編:翼をください
久保ミツロウ、読み切り

TVドラマ放送開始記念ということでヒロ君メインのスピンオフが登場(作者曰く「金ちゃんだと行動を起こすまで数話かかる」からとのこと)。

お話の方はヒロ君ってホントクズだよなあとあらためて思ったことであるよ。


アゲイン!!(1) (KCデラックス)
久保 ミツロウ
講談社 (2011-09-16)

週刊少年マガジン32号PART.1の感想はこちらから


聲の形
第44話 害悪
何というド修羅展開、植野姐さんマジパないっす、後土下座にビンタにと西宮ママンも大活躍的な。

ただまあいろんな感情を吐き出すという意味でこの展開は避けざるを得なかっただろうということで、ちなみに石田はアレだな完全に眠り姫やんなコレ。


エリアの騎士
#368 餞別
すっかり噛ませな京都可哀想です。

まリアルの方も今期就任したブラジル出身の監督が成績不振でクビになったりで現在10位(といっても上位3チームが抜けてることもあって4位から16位ぐらいまでは団子だったりする)と大低迷してたりもするんだけれども。

あそうそうブラジルといえばまさかブラジルがあんなむごい負け方するとは、朝起きてテレビつけたらいきなり5−0で思わずリアルでファッ!?となっちゃったい。


ダイヤのA
流れ的にいっておそらくここでの雷市との対決は大丈夫としてだ、問題はやっぱ勝敗にクリティカルに関わってくるだろう次の対戦時なわけで。


風夏
このまま普通にバンド物やってくれるなら個人的にはオッケーなんだが、絶対なんか余計なこと(例えば寝取られとか寝取られとか寝取られとか)やりそうなだけに油断は出来ないのだった。




はじめの一歩
いかになんでもこの7Rで決まると思いたいところだが……。


UQ HOLDER!
だからといって直接聞く展開にはならんのだろなあ、たぶんおそらくきっと>三十年前に何があったのか


ドメスティックな彼女
不倫クソ野郎の次は天然ゆるふわビッチとかもうね、監禁とか洒落になってないだろうアレ。


我妻さんは俺のヨメ
かくして蘭ちゃんのターンは終了と、結局全ては我妻さんを焚きつけるためだけでしか過ぎなかったわけね蘭ちゃんターン。


表紙&巻頭グラビア
小島瑠璃子

金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、原作/天樹征丸 漫画/さとうふみや『金田一少年の事件簿R』が表紙で、真島ヒロ『FAIRY TAIL』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン32号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン31号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン31号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ドメステイックな彼女・少年まがじんにはビッチは求めていません。付き合っていた数が30人とかありえません。高校生で。
竹丸
2014/07/09 23:17
だよねえ>少年まがじんにはビッチは求めていません
TALKING MAN
2014/07/09 23:45
はじめの一歩
はなしがのろのろ
なんは気にしなくなったよ!
ただコミック買い続ける
よゆうがなくむちゃくちゃ悔しい。あとビッチ好きは編集部のほうなんだろうか?ドメスティック。寝取られスキーとか病んでる?
嘘でもいないよとかいわずしっかり女性希望です。
過激なら楽しいわけじゃないと思います
おやてん
2014/07/10 01:21
聲の形
女子陣がえらくダイナミックというかここまでなるとは 植野の怒りもわかりますけどね 
石田がヒロインにもみえる

見舞いに来た永束くんを見て何かホッとしました
恭次
2014/07/10 19:10
>おやてんさん
ちょい盛りかなんかで作者がそういうドロドロが求められてるとかそんな事を言ってたんでまあ編集部のせいってのはある程度あるやろね
TALKING MAN
2014/07/10 20:19
>恭次さん
女子だけどバイオレンスが吹き荒れてるからなあw>石田がヒロインにもみえる

なんだかんだで癒し系やしねえ>永束くん
TALKING MAN
2014/07/10 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン32号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる