TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン33号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/07/16 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

UQ HOLDER!(週刊少年マガジン33号PART.2)
Stage.42 フェイトへの質問

やっぱネギ生きてたのな、しかも開放云々ってあたり対造物主(ライフメーカー)において造物主化しちゃったって線が濃厚か、ネギの両親を殺した云々も実際は違う真相があるのだろう。

後回想シーン(左から夕映、のどか、まき絵、亜子?)だけどやっぱ明日菜いないよねコレ。




週刊少年マガジン33号PART.1の感想はこちらから


聲の形
第45話 無駄だった?
執拗に死体写真だけを撮っていたのは全て硝子を死なせない為だったとは、結絃の心情を思うと切なすぎてもうね。

硝子がその写真の隣に捨てたおもちゃの乗り物は自殺しようとした時に踏み台に使った物だと思われるんだが、ようするにその後の決意に満ちた横顔と合わせて私はもう絶対死のうとなんて考えないという意志の現れって事なのかなあと。

冒頭の激しいキャットファイトに関しては、石田は硝子だけではなく植野に対しても逃げずに真正面から向き合わなきゃだよねと、後揺らがない佐原さんも格好良かったです。


ドメスティックな彼女 
第12話 恋敵…?
まさかの座薬プレイとか、なんというあざとさ、だがしかしそれがいい。

いやねオレいろいろ文句行ってきたけどこういうのやるのなら全然構わないんだよ、一回だけとはいえ既に関係済みってのが微妙に説得力を増してるしなー(ぉ




ダイヤのA
第390話 挨拶がわり
あっさりヒット打たれた上に怪我の影響で盗塁されちゃうと来ましたか。

とはいえ流れ的にいってこの後抑えるのは決定済みだし、雷市に関しても次は何とかしそうなんで少なくとも現状では勝つ展開ではあると思うんだ。


FAIRY TAIL
何このどんでん返しというよりか堂々巡り的なオチ>アンタはデリオラじゃねえ、オレの親父だろ


はじめの一歩
まったく話が進まないどころかなんか回想が始まっちゃいそうなところで終了(当然のごとくページ数は中途半端)、そして次回休載と来たもんだ、ホントあいかわらずすなあ。


せっかち伯爵と時間どろぼう
もともとゲームやらないうえに年齢的なこともあって興味はないんだがめちゃめちゃうれてるみたいやね>妖怪ウォッチ


我妻さんは俺のヨメ
我妻さん面倒くせえええええ。


巻頭グラビア
川口春奈

次号、寺嶋裕二『ダイヤのA』が巻頭カラーで、他松本ひで吉「さばげぶっ!」が出張読み切りで登場。

週刊少年マガジン33号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン32号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン32号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
UQ
回想のネギがぽっちゃりに見えます笑。正妻ポジションは誰なんだろ?ちうが良いな〜
作者コメントの本業云々は普通に笑えました。
ゆうき
2014/07/17 00:01
>本業云々
ホントに忙しそうだもんなあ、でもジョージと違ってなんだかんだでちゃんと描いてるのはえらいよなと
TALKING MAN
2014/07/17 20:05
ブレないな。流石わ流石景…
ブレないな。流石わ森川ジョージ…
ホメてません。
突っ込んだら負け
2014/07/18 01:40
流石景はとりあえず置いといてジョージは長いスランプなのかネタ切れなのか、やっぱ後者かねえ
TALKING MAN
2014/07/18 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン33号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる