TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン33号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/07/16 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

金田一少年の事件簿R(週刊少年マガジン33号PART.1)
第1話
表紙で狐火流し殺人事件編スタート。

流れ的にいってこれも高遠プロデュースって事なんかね、後そこはかとなく『あの花』っぽいテイストがあるようなないような。




週刊少年マガジン33号PART.2の感想はこちらから


ベイビーステップ
#306 取捨選択
浅野さん格好いい事は格好いいんだが、「体格的に不利な日本人でも力とスピードに対抗できることを照明したい」という夢をエーちゃんに託して引退を決意するオチは決まってる事を考えると切ない話でもあるのだった。

とまあそんなこんなで両者の意地がぶつかり合ってと熱い展開っちゃ熱い展開なんだがこれはホントに長くなりそうやのう。


七つの大罪
第85話 宴の始まり
マーリン行っちゃったところでこの引きとか>これからがほんとうの地獄だ

とはいえジェリコは知らんがギーラは何とか助かりそうな気も、いやだって弟いるしさ。


ルポ魂!
漫画/岡田有希
実質一回目なわけだが、いくら女性とはいえただでさえキャラが薄いというのにそんな謎キャラが自分ってのはどうかと思うの。

『好きっていいなよ。』に関してはアニメしか見てないんだがえーと「本気チュー」は面白かったです。


アゲイン!! 延長線
後編:俺たちに明日よあれ!
久保ミツロウ、読み切りセンターカラー
正直あんま期待してなかったけど思いの外本気なお話に仕上がっていて個人的には悪くなかったことであるよ。


山田くんと7人の魔女
センターカラー
アニメ化決定ってODAでそんなに喜ばれてもだな。

本編は寧々が報われ無さ過ぎてもうね、まそこがまた不憫可愛いのではあるんだけれども(笑)。




あひるの空
ようするに超スケールの小さなキセキの世代的な>岡平中のベスト5

でも全中ベスト8ならともかくたかだか神奈川ベスト8の癖に態度でかすぎなんで出来ればさっくりとボコってスッキリさせて欲しいんだが、でもまあそれは期待せん方がいいんだろうなあ。


風夏
頑張れたのはまあ良かったにしても泣くなよ、そしてそんな優にキューンとか来てる沙羅のポンコツっぷりェ…。


AKB49〜恋愛禁止条例〜
想定通りの展開とはいえアリスなんてこったい、つか吉永いらねー。


巻頭グラビア
川口春奈

次号、寺嶋裕二『ダイヤのA』が巻頭カラーで、他松本ひで吉「さばげぶっ!」が出張読み切りで登場。

週刊少年マガジン33号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン32号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン32号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>七つの大罪
ギーラの所業に対してフォロー入りましたね。あれでフォローになっているのかは分からないけど
キララ
2014/07/16 20:31
あんまフォローにはなってない気が、ただ反省した分が生死を分けることにはなるかも
TALKING MAN
2014/07/16 21:07
七つの大罪
バン外伝って20年前だったんですね、まさか作品紹介で明らかになるとは・・・今回のギーラは死ぬ前のサービスシーンだったのかな?

AKB
もう先日のアリス回が素晴らしくて、お気に入りキャラになってきたのに、慶永の割とどうでもいい恋愛要素を被せるとは・・・物語的には重要ですが。いらね。
ゆうき
2014/07/16 23:59
>七つの大罪
まだだまだわからんよ>死ぬ前のサービスシーン

>AKB
結局何処がいいのかみのり以外わかりにくいからなあ、いや努力家なのは認めるが>吉永
TALKING MAN
2014/07/17 20:08
こんばんは。金田一少年事件簿。
今度の事件は、美雪ちゃん不在なのはよかったです。美雪ちゃんがいると同じツッコミが多いし、彼女に甘えてしまう事が多いので・・。
今回のヒロインは、霧谷凛ちゃん。瞳に瞳孔がない彼女ですが、なかなかの美少女ですね。彼女のヒロイン的な活躍と見せ場を見せて欲しいですね。
竹丸
2014/07/17 22:00
なるほどねー>美雪ちゃん不在なのはよかった

とりあえず前回というか最近イマイチなんで面白くなるといいなあと。
TALKING MAN
2014/07/17 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン33号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる