TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊ヤングジャンプ32号)

<<   作成日時 : 2014/07/11 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

東京喰種 トーキョーグール(週刊ヤングジャンプ32号)
#134 [倒惨]

ジャンプで健在ぶりを見せてからの足チョンパとはまったくやってくれるぜい、まホントに狙ってやったかと云えば何ともいえないんだけれども。

ついでに腕チョンパされた亜門さん(現時点の実力ではカネキの方がはっきり上なうえ慣らしなしの新型装備ってあたり妥当といえば妥当か)だけど読み切りからすると什造共々くっつくと考えていいんだろうか、CCGのの科学力は世界一チィィィィ!的なアレで。

ちなみにアニメの方はまああんなもんじゃないでしょうか、それより1クールしかないという噂の方が気になるんだよね、いくらなんでもそれはないと思いたいところなんだが。




TERRA FORMARS テラフォーマーズ
第102話 DEVOTED WORK 技師と呪縛
何だよこの「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」な回想。

で慶次の方はといえば何とかタマ一個は残ったと、つっても死亡フラグが半端ないだけにどっちにしても使えなさそうなのが何とも切ないのだった。


源君物語
第131話 高まる
今回も実にエロエロでいいよーいいよーとか思ってたらここで彼氏参上(ノックならともかくいきなりドアノブ回すのはどう考えても彼氏だろうと)展開とか。

状況的に押入れに隠れるのもベランダに逃げるのも難しそうだしこれは修羅場確定かね。

それにつけても六条先生、少しは意気阻喪したかと思いきやまったく諦めてなかったと来たもんだ、首輪はめた写真をパネルにしてるところも含め引き続き実に業が深そうだったことであるよ。


極黒のブリュンヒルデ
第108話 V機関
今回の三人組ビジュアル的にも言動的にもチョロそうというか話せば分かりそうな感じではあるんだが能力がわからないだけに油断は出来ないよなあと。

特に能力をなくしたにも関わらず守るべき相手が結花、そして姉と二人も増えちゃっているという佳奈の死亡フラグがどうにも止まらない現状を考えると特にさ。

極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス)


ハチワンダイバー
第374話 未来
まさかのマキキター!!

それぞれの6年後や、菅田が死んだっぽい(ま十中八九生きてるだろうけど)のもマキの登場で全部吹っ飛んじゃったい。




からてに百合
佐藤翔、読み切り
なぜこんなのが載ってしまったのか。

サービスシーン盛りだくさんでも全然嬉しくない作画も大概だったんだが何がダメってお話がつまらなさすぎてもうね。


かくりよものがたり
巻頭カラー
ラストに第1部完ってないのが画竜点睛を欠いたやのう、あその場合もちろん第2部はどこぞに移籍という方向で。


キングダム
関常さんすっかり良いキャラになっちゃってまあ、おそらく父親の方にもかなり苦労させられたんだろうなあ、後録嗚未が無駄に偉そうでワロタ。


リクドウ
ライバルはイケメン?なエリートアマと、で今何月かようわからんがようするにリクと戦いたいが為に国体振ってプロ転向を早めるって事なんだろうか。

ってウィキペディアをザッと読む限りエリートアマだとB級スタートになるから新人王戦には出れないっぽいんだよなー、まああえてC級でデビューするという事も出来そうな感じではあるんだが(適当)。


もぐささん
センターカラー
あー小口の実家って食堂やってたんだなるほどね。

ま何にしても今回はサザエさん髪型な小口ママンが全部持ってった感が。

もぐささん 2 (ヤングジャンプコミックス)


妖怪少女 〜モンスガ〜
くそっ、ふなつの癖に泣かせやがって>虹緒は確かに…腕の中にいた---…


群青戦記 グンジョーセンキ
あいかわらず突っ込みどころは多々ある(そこでクパァは反則だろ)んだけどそれも含めていい感じに面白くなってきたんじゃないでしょうか。


干物妹!うまるちゃん
ぼんば妹なんだから気づけよ!と突っ込みつつもほぼオールキャストでの海水浴展開は楽しみというしか、可能性は限りなく低いとはいえいちおうシルフィン登場の可能性もゼロではないだろうし。


嘘喰い
本人はあずかり知らない事とはいえ神に擬されちゃったのは負けフラグだと思うの。


LIAR GAME
えーとこれヨコヤはここまできっちり読んで悔しがってたって事でいいんだよねさすがに。


表紙&巻頭グラビア
山本彩

センターグラビア
小間千代

巻末グラビア
西野七瀬

剣光妃-日ノ国大帝國軍くれない一騎当千隊-、仮面ティーチャーBLACKは休載。

次号、ふなつかずき『妖怪少女 〜モンスガ〜』が巻頭カラーで、他原作/金成陽三郎 漫画/木田翔一「SHINKAI」が読切で登場。

週刊ヤングジャンプ31号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
■リクドウ
ライバルキャラは例えC級スタートでも残念ながら新人王戦には出られないんですよね

規則ではアマチュア戦績40勝以上していると駄目らしいんで作中で既に5冠、またアジアや世界のユースでベスト8入りしてるんでそれを考えると既に40勝は越えてると思うんで出られないと予測できますね

多分スパーリングとかでファーストコンタクトするんじゃないかなあと思いますね
4692
2014/07/11 20:53
なるほどそれは知らんかったです
TALKING MAN
2014/07/12 00:07
>グール
「ここは最後の砦。絶対に通さん・・・眼帯、お前も少し休め」

普通に腕を斬られる

の流れにちょっと笑ってしまいました。
演出的に失敗してるような。

ジャンプを読み直してもジューゾーの足に違和感は特にないですね。
義足という可能性もありますかね。クインケの1つとか。

>ライアー
カネコが秋山に協力していなきゃ成り立ちませんし、まんまと自分がカネコの演技に騙されていたことまで察したんでしょうね。
グッドマン
2014/07/12 11:08
テラフォーマーズ・ウオルフの涙。
どれだけ優秀でも手に入れられなかった彼の悲しい涙には泣けますが。それでも今は、ミッシエルさんや燈を守れる上、愛する仲間も救える事に・・・・。ただ、現実はそんなに甘くはないですね。
竹丸
2014/07/13 02:19
>グッドマンさん
>グール
まあここまでバッサリやったって事は逆に何とかなると考えるべきかなあと

>ライアー
やっぱそういうことですよね、そうじゃないとヨコヤがピエロすぎるし
TALKING MAN
2014/07/14 00:19
>竹丸さん
そだねえ、特にこの漫画の現実は
TALKING MAN
2014/07/14 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊ヤングジャンプ32号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる