TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン28号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/06/11 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

シュート! 〜マラカナンの伝説〜(週刊少年マガジン28号PART.1)
大島司、読み切りセンターカラー

大島司の漫画を読むのはえーと今はなきバンチでやってた『アタック!!』以来かな。

渡辺瞬って誰だよと最初は思ったんだがなるほどコレをやりたかったわけね。

正直作画を筆頭にいろいろ突っ込みどころはあるし、何より若い読者にはまったくといってポカーンだろうけど、オレ的にはラストにこの久保さんネタを持って来られたら納得するしかないよねということで>トシ……サッカー好きか?



折角だし俺フィーみたく期間限定無料配本やった方がいいんじゃ。

週刊少年マガジン28号PART.2の感想はこちらから


天啓のアリマリア
第2話 6・6・6
原作/作元健司 漫画/伊十楽、新連載第2回。
……うん早く終わろう、というか終われ。


UQ HOLDER!
Stage37.フェイト・アーウェルンクス
ようするにフェイトはネギの死はエヴァの裏切りのせいだと思ってて、だからこそネギの孫である刀太をよりにもよってエヴァの眷属にされちゃった事に激おこであると。

つっても実際ホントに何があったかは当分知らされることはないんだろうけれども。

UQ HOLDER!(3) (少年マガジンコミックス)


あひるの空
第432話 ワンバイワン
空無双な伏線もあることだし初戦ぐらいはあっさり勝ってほしいところだけど百春いないしそれなりに苦戦しちゃうんだろうなあ。

ところで「2回戦はこっちか」って当然新城東和の事だと思われるんだが前回既にネタばらししてるんだからこういう紛らわしい描き方せんでもええやろうに。


山田くんと7人の魔女
安定の入れ替わりネタということで今回も面白かったです、勿論小田切ちゃんの自爆っぷりもなー。


せっかち伯爵と時間どろぼう
内容そっちのけで歌だけで人気とかそういう噂やのう、見てないし見る気ないからよう知らんけど>アナと雪の女王


アホガール
今期は不作な事もあるが『マンガ家さんとアシスタントさんと』がわりと真面目に面白くてだな、特に9話は実に良いラブコメ回だったかと。


マンガ家さんとアシスタントさんと 第1巻 [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント (2014-06-25)
売り上げランキング: 1,094


ドメスティックな彼女
フミヤ家の人が全員同じ顔でワロタ、でもよく見るとメガネは微妙に違ってるんだよな。


我妻さんは俺のヨメ
なんかこうストーリーもなんだが何より作画にやる気が感じられないんだが……。


表紙&巻頭グラビア
橋本環奈

神さまの言うとおり弐、ベイビーステップは休載。

次号、勝木光『ベイビーステップ』が表紙で、鈴木央『七つの大罪』が巻頭カラーで、他原作/金城宗幸 漫画/芥瀬良せら「インビジブル・ジョー」、長門知大「お友達から」が読み切りで登場。

週刊少年マガジン28号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン27号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン27号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
アナ雪はシンデレラとか眠りの姫みたいにいつもの王道のシンプルなストーリーだから悪い意味でもなく何かいうこともないんですよね

シュートは突っ込みどころは確かにありますが満足はできましたね
名無し
2014/06/11 20:09
>アナ雪
なるほどー

>シュート
ウィキペディア見る限り最近仕事してないっぽいのがちょっと気になるところ
TALKING MAN
2014/06/11 20:29
アナ雪はまあディズニーアニメなんで基本的に王道は王道なんですが、お約束のラブストーリーから狙って外してきたりしてて個人的には話もかなり面白かったです。字幕と吹き替えをどちらも観てしまうくらいには。ブログ主さんの好みには割と合いそうな印象。
まあディズニーなんで半分はミュージカルがメイトなんですけどね。
グッドマン
2014/06/11 20:48
我妻さん・伊富ちゃんの目線が眩しすぎます。
せっかくバレー編描いたから、試合も描いて欲しいですね・・。
竹丸
2014/06/11 21:30
シュート・大島先生の久々の帰還。
塀内夏子先生同様「エリアの騎士」よりも、男気があると思います。
今の少年マガジンで、女性漫画家で学園漫画描く人増えていますが、昔はスポーツ漫画で女性が描くのが有名だったようです。
勝木光先生のように・・。
竹丸
2014/06/11 21:41
我妻
ここんところのストーリーのつまらなさはもちろん作画も原作付きでこれは酷すぎるとゆうか病んでるんじゃねーかってレベルやね。最近始まった漫画除けば打ち切り候補筆頭かな
ヒロ
2014/06/11 22:16
>グッドマンさん
ほー、それはまた気に入りましたねえ>字幕と吹き替えをどちらも観てしまうくらいには

>ブログ主さんの好み
最近はまどマギとかたまこラブストーリーとか日本のアニメしか見に行ってなかったりw
TALKING MAN
2014/06/11 23:24
>竹丸さん
>シュート
塀内夏子→大島司→勝木光がラインですかね
TALKING MAN
2014/06/11 23:27
>ヒロさん
>我妻
つまんないんでずっとスルーしてたんだけどさすがに目に余ってねえ

ただ再移籍はあっても打ち切りはないような
TALKING MAN
2014/06/11 23:28
勝木光さんて女性でしたっけ?男性だったような気が
名無し
2014/06/12 00:57
微妙に信用出来ないとはいえいちおうウィキペディアには女性って書いてあるしもうしまとかちょい盛りの扱い見るとやっぱ女性かなあと
TALKING MAN
2014/06/12 01:23
シュート
馬堀は?キャラの顔に違和感が・・・まあ仕方ないですがマガジンのサッカー漫画はJドリーム派なんでちょっと残念でした。
ゆうき
2014/06/13 23:45
たしかにJドリームの方が好きなんだが塀内夏子最近集中連載やったばっかだしねえ、後何より年齢的に無理があるし
TALKING MAN
2014/06/15 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン28号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる