TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー27号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/06/05 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

EとT。〜えいがとてんし。〜(週刊少年サンデー27号PART.2)
Scene.1 未知との遭遇
猫砂一平、新連載表紙&巻頭カラー

作画はなかなかに好みだし設定も悪くないと思ってたんだが……天使、天使なあ。

個人的にはそんな変化球無しな映研青春グラフィティーで良かったのにと思わなくもないんだが今日びそんな地味なのが受けるかといえばたしかに疑問なんで致し方ないところかね。

兎にも角にも前述した通り基本好みではあるんでとりあえず引き続き期待したいです。



週刊少年サンデー27号PART.1の感想はこちらから


湯神くんには友達がいない
第25話 湯神くんは譲らない
今回も安定のクオリティだったわけがちょっと気になったのが妙に目立ってたおさげなメガネっ娘の存在。

いやま既刊読んでないでもしかしたら登場済みかもなんだけどさ。


マギ
第227夜 最終決戦
なんという怒涛の死亡フラグ。

一方初手から倒される気満々のダビデ王に関してはどう考えても誘い受けというか倒される事で何かしらスイッチが入るような術を仕掛け済みなんだろうなあと>さあ、ソロモンよ、私と神を殺すがいい。『運命』の導きのままに!


NOBELU -演-
第五十五話 ありがとう。さよなら
サンタの手下ピコは爆弾野郎でしたとか。

復讐の相手は普通に考えてサンタなんだろうが、それにしても野島伸司って引きで意表をつけばいいって思ってないかコレ、切なさの余韻が台無しじゃないですか。

NOBELU -演- 5 (少年サンデーコミックス)


史上最強の弟子ケンイチ
アカン、志場っち死んでまうー。


銀白のパラディン
あいかわらず地味とはいえ、うん今回はなかなか。

ただ出てきたライバルの造形が妙にイラッとするのがどうにも不安をそそるのだった。


何も無いけど空は青い
愛すべき兄妹ではあると思うんだが正直これでアンケ取れるかというとだな。

まあコレよりダメそうなのがけっこうある現状しばらくは大丈夫だと思うんだけれども。


競女!!!!!!!!
だからといって万能型なわけないんで強いて言えばフリーダムタイプって感じですか。

カードで云えば勿論ジョーカー、ただしどのタイプにも勝つ可能性はあるけどそれ以上に負ける可能性も高いみたいな。

銀の匙 Silver Spoon、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、草場道輝『ファンタジスタステラ』が巻頭カラーで、他山本崇一朗「からかい上手の高木さん」が出張読切で登場。

週刊少年サンデー27号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー26号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー26号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
新連載
この人ラノベ書いてたりとわりと特殊な経歴の人ですよね
パラディン
今回きちんと?フェンシング要素を入れてきてて良かったなと ちゃんと監修が機能してるのかな
何もないけど
もともとそんな長期連載じゃないような感じがします
湯神くん
ハヤテに続いてオチが素晴らしいなと 月1枠はどれも面白いので次回がすぐやってくるような感じがします
通りすがり
2014/06/05 22:41
>新連載
なんかそうみたいですね>ラノベ書いてたり

>何もないけど
小説のパラレル設定とかんがえるとたしかに最初からそう長くはやるつもりはないのかも

>湯神くん
月1枠はたしかに皆それぞれ良いんだよねえ、まあバードメンに関して言えば出来れば隔週ぐらいでお願いしたいところなんだが
TALKING MAN
2014/06/05 23:22
>新連載
可愛いけどワッカが何かシュールですね
不快なキャラもなく女性キャラも可愛いのでつかみはまずまずでしょうか

>マギ
定番のフラグネタとはいえ親子の喧嘩別れ、また帰ってから〜はキツいものがありますね
ダビデ老もそうですがアルバの動向も気になります
恭次
2014/06/06 17:55
>新連載
ある意味サンデーらしくはあるんで頑張ってほしいなあと

>マギ
もともと破滅エンドって分かってるだけに余計にねえ
TALKING MAN
2014/06/06 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー27号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる