TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー27号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/06/05 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー27号PART.1)
第452話 ハーゲンはストロベリーのやつが好き

あいかわらず話進まんしいかにも小ネタではあるんだけれどこれはこれで面白かったんで個人的にはオッケーだったり。



週刊少年サンデー27号PART.2の感想はこちらから


ファンタジスタ ステラ
第77話 死闘の結末
やはり由利だったか、とはいえ今回無理した反動を考えるとイタリア戦は無理そうやね。

ちなみにナイジェリア戦もハットしそうな兄貴に関しては得点王、でも残念予選落ちでしたパターンが濃厚か。


名探偵コナン
FILE898 緋色のエピローグ
今回の緋色シリーズに関して言えばたしかにアオリにアオッただけの事はある面白さだったんだが問題はこっからという……。

今回もいちおうボスの側近でジン以上の大物と噂のラムだっちゃさんがいよいよ動くとかアオッてるんだが、だからといって次回のシリーズも黒の組織(しっかし今更だけどスパイ潜入されすぎだよなこの組織、後ベルモットは素直に取ればボスの娘あたりだがさて)編かと言うととてもそうは思えないわけで。


BE BLUES!〜青になれ〜
第155節 代わるのは、誰だ!?
カスラバさんついにクルー!!

それにつけても窪ちんの反応はホントに予想通りというかなんというか、後優希の手当のアレはやはり当たってたと考えるべきなんだろうなー。




常住戦陣!!ムシブギョー
結局千代丸って女の子って事でよろしいか、いやね81Pの下真ん中のコマを見るとそうとしか思えんなと主に脚的にいって。


ヘブンズランナーアキラ
センターカラー
小笠原ちゃんの太もものちょい上の雲の中>第1回扉絵クイズ


クロノ・モノクローム
サラッとサリエリいたな。

つってもむろんモーツァルト毒殺云々は冤罪だってことは分かっては居るんだけれども。


境界のRINNE
そういや6月に入ったんだったかということでジューン・ブライドネタだったんだがいろいろアレな話だったでござるの巻。

次回は梅雨ネタかね、とりあえず次はもう少しいい話でありますように。


氷球姫 常磐木監督の過剰な愛情!
常盤木の過去がようやっと明らかに、なるほどねえ。

いやまいかにも強引すぎて完全に納得できたかといえばそうではないんだがコレで色々わかりやすくはなったのはとりあえず良かったかと。

銀の匙 Silver Spoon、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、草場道輝『ファンタジスタステラ』が巻頭カラーで、他山本崇一朗「からかい上手の高木さん」が出張読切で登場。

週刊少年サンデー27号PART.2の感想はこちらから
週刊少年サンデー26号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー26号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ?メイドのとき外す娘だよね。メガネ外したのはなぜですか!あれ?メガネなしで可愛いってあのおかたにいわれたのでは?
おやてん
2014/06/05 20:23
そら風呂だからでしょ
TALKING MAN
2014/06/05 20:29
氷球姫
まだ何か鬱展開ありそうですね わりと面白く読んでるんですけど新連載攻勢の煽りをうけて終わっちゃいそうな予感が
ハヤテ
今週は面白かったですね オチが良かったなと
通りすがり
2014/06/05 21:18
>氷球姫
次回で咲耶ちゃんと紅羽の関係が明らかになるんじゃないかなあと。

個人的には嫌いじゃないんだけど絵がちょっとラフなのと今んとこ試合になるといまいち面白く無いのが弱点ですかねえ
TALKING MAN
2014/06/05 21:24
>ビーブルース
桜庭が出て来るのか。しかしチームプレーをしていかないとダイの大冒険のザボエラのような末路を迎えるな。あなたはダイの大冒険を見ていないんだったね。ザボエラについて長く説明します。ザボエラは小柄の爺で性格は卑怯で仲間を見捨てる奴六大団長の一人で本来は高い戦闘能力を持ち頭脳は高いがザボエラの人格が引きずり序盤から動くことはなかった。強い奴に取り入れるがそいつが不利な立ち場になったらすぐに他の強い奴に取り入れる手の平を返す奴。他の五人からは屑、ダニ、ドブネズミと言われた。最初は立ち場は普通で敵はおろか、味方や息子をカモにするなど好き放題やったが物語が進んでいき魔王軍の組織の居場所が失ったことに気付いたザボエラは手柄を立てるべくようやく動き出した。戦いの最中にいろいろとあって魔王軍の牢獄に閉じ込められた。その後、牢獄から脱出し戦いの最中で絶体絶命の危機であったボスであるバーンを助け何とか地位を得た。最終決戦で自身の配下が全滅しザボエラの思いついたことは目の前にいる集団をミストバーンにぶつけて、自身は逃げる事である。当のミストバーンはとっくに見限られていてついに捨てられたのです。切り札を出して戦ったが剣士によって切り札が破れ逃げようとしたが主人公サイドの味方になった元六大団長の元同僚でクロコダインに発見される。ボロボロになったザボエラは最後の手段は改心したフリをして毒の爪でクロコダインを操ることだった。クロコダインは改心したと思い、手を差し伸べザボエラは実行するが当のクロコダインは読まれており両腕が斧に挟まれた。クロコダインはこの世には煮ても焼いても食えぬ奴がいると言いクロコダインはザボエラに止めを刺してついに絶命した。クロコダインは哀れで正真正銘の屑だと言った。桜庭はダイヤのAの沢村みたいにガチで成長しないとザボエラみたいな末路を辿ることになるぞ
トラン
2014/06/05 23:44
長いわ
TALKING MAN
2014/06/05 23:59
何だ「長いわ」ってふざけんじゃねーぞ(怒
私はいや俺はわざわざわざわざザボエラのことについて分からないと思って親切に親切に長い説明を覚悟して書いたというのにふざけんじゃねーぞ(怒
長い感想を苦労して書いたというのに(怒
今回「長いわ」の一言でブチ切れたと同時に失望もしたよ(怒
本当は怒りプンプン顔文字で使いたかったがやり方が分からないから(怒 でしとくわ
トラン
2014/06/06 00:56
不快ならどうぞもうお引取りを
TALKING MAN
2014/06/06 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー27号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる