TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ30号)

<<   作成日時 : 2014/06/23 19:55   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

食戟のソーマ(週刊少年ジャンプ30号)
第75話 仮面の下

美作の言う通り秘書子の敗北というか葉山の圧勝となったわけだけど葉山の
「No.2で居続ける事に必死な料理人が俺の相手になる訳が無い」
は説得力あるだけに納得の決着だったかと。

勿論これで当分エロリアクションは見られそうもないのは残念っちゃ残念なんだけれども。

そういや残念といえば美作がなんか一気に嫌キャラになっちゃったのも残念だったやね、そら悪役も必要ってのも分かるんだがこんなクソ野郎に負ける事が確定のタクミきゅん可哀想です。


食戟のソーマ 7 (ジャンプコミックス)
附田 祐斗 佐伯 俊
集英社 (2014-04-04)

食戟のソーマ 8 (ジャンプコミックス)


暗殺教室
第96話 ビフォーの時間
もう何回も書いてるけど理事長やシロが絡まないお話はホント外れがないよなあと、今回も怒涛の小ネタ(何処までもいじられる茅野ちゃん@永遠の0ェ…)からビフォーアフターオチまで文句なく面白かったことであるよ。

しっかし渚もすっかりジゴロになっちゃってまあ>ここだけの秘密の勉強教えてあげる

次号の超重大発表に関しては普通にアニメ化決定ということで。


HUNTERXHUNTER
No.344 著者
ようやっとゴンが登場。

とりあえずゴンさんのところでアレだけアオッておいてアルカが一瞬で全部まるっと直してくれましたはたしかにどうかと思ってたんでわりと納得な展開ではあったり>オーラが出ない…?

ただちょっとタイムラグがありすぎる感があるのは突っ込みどころかなあと、いや治ってからそれなりには経ってそうというのに今頃かよみたいな、まあ普通に生活してる分には必要ないっちゃ必要ないかもなんだけどさ。

以下羅列
・ああ最後の一人だったんだ国王の息子
・クラピカの孤独か、帰ってきたら旅団に組織の皆が全殺しされてましたよってのはマジで勘弁な
・ジンがNo.2に拘る理由がイマイチ分からんのだが
・リンネ=オードブルは選挙編で出てきな最年長なおばあさんとしてジッグ=ゾルディックってのはゼノの父親って事でいいん?
・ゴンやジンの祖先は実は生きてたんだよ!!と>本の著書はドン=フリークス


卓上のアゲハ
古屋樹、読み切りセンターカラー
『ピンポン』アニメ化(オリジナルパートはたしかに全部が全部いいとはいいにくいんだがコンガパートは全部好きやなあ、特にラストは反則すぎてもうね)で微妙に波が来てるところでの卓球漫画というチョイスはなかなか、と言いたいところなんだが比較対象されてしまう諸刃の刃でもあるわけで。

実際読み切りとしては手堅くまとまって悪くないんだが卓球漫画として魅力があるかと云えば明らかに足りないと思うんだ。


斉木楠雄のΨ難
空助の性格も大概とはいえ真面目な話逃げ出した気持ちは分かるよなあと、いやまそういう漫画じゃないといえばそうなんだけどさ。


黒子のバスケ
えーとようするに完全に消滅させるため負けを前提としてもう一つの人格の好きにさせてたけど、黒子に勝ちたくなったので融合しちゃいましたテヘペロ的な?


火ノ丸相撲
団体戦ってホント三人なのな、てっきりホントは5人だけど3人でも参加はできるとかそういう事だと思ってたい。

でいろいろググったところインターハイは5人制だけど「高校相撲金沢大会」もしくは黒鷲旗と言われるらしい春の全国大会は3人制ってことな模様。


ニセコイ
ハーレムメンバー全員集めての王様ゲームとはまた何というコテコテ展開、だがしかしそれがいい。

羽姉の命令はどうだろうなチューネタはもうやっちゃたし、とすると楽に好きな子は誰か告白させるとかそういう方向かね。




ハイキュー!!
条善寺戦決着、いやあこれはきれいにまとめたやのう。

とまあ実にグッドルーザーだった条善寺が印象的だった今回の試合だけど、日向を筆頭に烏野側の成長もきっちり描かれてるところがまた良いのだった。


銀魂
たまーにやる一話完結なしっとりストーリー(神楽のラジオ体操回とか)だけどうーん今回はちょっとイマイチな感が。


ワールドトリガー
こら大介! 原稿を落としてしまうとはなにごとか! なぜフルアームズをつかわん!?

とまあそんなこんなでガチに急病というよりは原稿落としたって事なんだろうが、アニメ化決定で仕事が増えるこそすれ減ることはまずあり得ないというのにこの先大丈夫なんかね。


ILLEGAL RARE
どう考えてもわざとやってますなバロック・ホーンによるナズナ陵辱もとい攻撃シーンがいろいろ最低でワロタ>「だめだもう耐え切れない…最後までいかれちゃう!!」「ぬるぁぁぁ貫通だぁあああ、伸びろオレのバロック・ホーン!!」 


ステルス交境曲
ジグといいトロマといい主人公らしきキャラがこんなキャラ設定のマンガ、そらジャンプで受けるわけないってばよ。


SOUL CATCHER(S)
おーついに管崎咲良が出てきますか、いかになんでも廃人とか植物人間状態とかはないとは思うんだけれどもさてはて。

あそうそう今回も実にいい味出してるさやかちゃんだけど、できうれば今のままでこの先もデレませんように。

ワールドトリガー、トリコは休載。

次号、松井優征『暗殺教室』が表紙&巻頭カラーで、他石田スイ「東京喰種 JOKER」、宮崎周平「それいけ!融合くん」が読切で登場。

週刊少年ジャンプ29号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
>ステルス交境曲
>ジグといいトロマといい主人公らしきキャラがこんなキャラ設定のマンガ、そらジャンプで受けるわけないってばよ。

まったくもってその通りかもしれませんね。
週刊少年ジャンプ29号で見せた鬱展開はミスミソウの二番煎じとして思えないですし…
押切蓮介のミスミソウを知らなかったらすいません。
.
2014/06/23 20:07
あーそれは読んだことないんですよ、というか押切蓮介で読んだことのあるの『でろでろ』ぐらいで『ハイスコアガール』さえも読んだことないという
TALKING MAN
2014/06/23 20:14
>斉木
あの両親でなぜあんなハイスペックな子供たちが生まれるんだか

>銀魂
シチュエーションが特殊過ぎて感情移入が出来なかったなぁ
キララ
2014/06/23 21:03
>ソーマ
個人的にえりなが負けた緋沙子にどんな反応を示すか、今の所美作とタクミの試合以上に気になります。
インコム
2014/06/23 21:30
>斉木
またしかにそれは不思議なんだけど、でもま楠雄を普通に受け入れられるあたりある意味逸材ではあるよなあと

>銀魂
今読み返したら銀さん人のダチ公に座っちゃダメだろうと突っ込みたくなりましたw
TALKING MAN
2014/06/23 21:30
>インコムさん
>ソーマ
そこはたしかにイマイチいやイマニ影の薄いえりなの見せ所になりそうだけどでもそこまでは気になんないかなw
TALKING MAN
2014/06/23 21:33
読み切り面白かったけどたしかに卓球漫画である必要はない話でしたね
通りすがり
2014/06/23 21:35
ただ新人の読切と考えれば普通に上手いと思うんで次作には期待したいかなあと
TALKING MAN
2014/06/23 21:45
ジャンプ
ワンピのカラーイラスト
かっこよすぎ!しかし漫画は面倒だから読んでない。
ハンターハンターは
すごいカキコミにしびれた。
卓上のアゲハは
勝てないな。とわかってるなら戦える人だろうし
客としてはこの程度か!
とぶちギレます
おやてん
2014/06/24 04:53
ソルキャ
管崎咲良くんがでてきますね!
楽しみです。他の人の反応で、酷い状態なのか
と想像してしまいます;;

イリーガルレア
あのシーン、明らかに狙ってますよね、「貫通」って(汗)

ジャンプネクストで西先生の新連載が始まるけど
買いますか?
新連載、うれしいけど、ハチの続きを描いてほしかったです。

かな
2014/06/24 20:28
>ソーマ
料理人が包丁にガムは駄目だろう・・・ゲスどころか料理人として最低なことをしたので不快感があります
さすがにやりすぎですね・・・

>イリーガル
椎橋先生の台詞すげえバンパイア感とか今回の伸びろオレのバロック・ホーンとか凄いノリノリで楽しかったです
ロマンスさんの決め台詞がロマン輝くエステールを思い出した、ダイヤもあわさって
恭次
2014/06/24 20:29
>ソーマ
なんかこいつの態度臭えなと思っていたので悪党化してもショックは無かったが、上の人が先に書いているように包丁にガムの方がショックだった>美作昴

個人的には美作の事を、かもめチャンスの梶プロや弱虫ペダルの御堂筋みたいに、勝つためには手段を選ばないタイプと見ています
アンノウン
2014/06/24 22:27
>おやてんさん
>ハンターハンター
なんだかんだできっちり面白いんで後はどれぐらい続くかやはりそれが問題だなあと
TALKING MAN
2014/06/24 23:55
>かなさん
>ソルキャ
ただそういう状態の場合逢わせる事自体難しそうな事を考えると違うパターンかなあとも思ったり

>ジャンプネクストで西先生の新連載
それは知りませんでしたが買うのはないかな、今まででも一回しか買ったことないし
TALKING MAN
2014/06/25 00:03
>恭次さん
>ソーマ
今まではそれなりに愛嬌あるなあと思ってたけどもうね……

>イリーガル
ただ掲載順的にはやはり予断を許さないなあと
TALKING MAN
2014/06/25 00:07
>アンノウンさん
>個人的には美作の事を、かもめチャンスの梶プロや弱虫ペダルの御堂筋みたいに、勝つためには手段を選ばないタイプと見ています

なるほどね、ちなみにこの場合御堂筋の方がより近い感が
TALKING MAN
2014/06/25 00:11
>黒子のバスケ
敗者はすべて否定される→僕の存在が消えるともかかっていたわけですね
黛さんに出番あったのと過去回想を一周でまとめてくれたのがよかったです 来週の俺赤司がどうなるか気になる

>SOUL CATCHER(S)
順位が安定しないのが怖い・・・
恭次
2014/06/27 02:24
「暗殺教室」松井先生女の子描くの上手くなりましたよね・・。さくらちゃん渚くんの可愛さにメロメロでした。(笑)
竹丸
2014/06/27 12:32
>恭次さん
>黒子のバスケ
パーフェクトなプレーっぷりを見せてくれるんでしょうねえ、勿論ひとりよがりではなく

>SOUL CATCHER(S)
噂的にはかなり不穏な噂が……
TALKING MAN
2014/06/29 01:31
>竹丸さん
暗殺教室でファン層は拡がったでしょうねえ
TALKING MAN
2014/06/29 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ30号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる