TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー24号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/05/15 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー24号PART.1)
第449話 101回目くらいのプロポーズ

次号の表紙&巻頭カラー回に見せ場を持っていくための繋ぎ回って事情は分からんでもないんだが折角のヒナギク回でもあったんだしさすがにもうちょっとならんかったものかなあと思いました。

それはさておき『めぞん一刻』ならやっぱ「わっ、私のためにみそしれる」とどもらなくちゃだよ。

ハヤテのごとく! 41 (少年サンデーコミックス)

週刊少年サンデー24号PART.2の感想はこちらから


ヘブンズランナーアキラ
第1走 ランナーズ ハイ!!!
二階堂ヒカル、新連載表紙&巻頭カラー
ようするに『エンジェル伝説』の陸上バージョンというかなんというか。

いろいろ粗はあるけどハイテンションさと勢いで一気に読ませるあたり掴みはまあ悪く無いんじゃないかと。

とはいえこのテンションのままってのもなかなか難しいだろうしとりあえずしばらくは様子見ということで。


銀白のパラディン
第2話 英雄
新連載第2回センターカラー
あいかわらず絵柄に馴染めないところをのぞけば悪くはなかったです、ただ勝負の二話目にしてはいかにも地味なところがどう出るか。


名探偵コナン
FILE896 緋色の帰還
えーと結局どういうことだってばよ。

強いて言うなら表彰式の工藤優作は有希子の変装、安室の前にいる沖矢は工藤優作の変装、でこれまで沖矢だった赤井秀一がついに本体で登場(まどういうふうに湧いて出たのかも謎なんだが)とかかなあと思ったりもしたんけどさて。




NOBELU -演-
第五十三話 ある時点まで
あんだけノリノリだった栗ネオの失踪はいくらなんでも無理くりすぎな事を考えると全てはサンタの差金と考えるべきなんだろう、たぶん。

でもこれその代わり誰が監督やるんだろうかね、もしかして安西先生自ら?

後安西先生のかっての親友だったらしいノベルの父親がどう絡んでくるのかも気になるところなんだがそれはそれとしてだ、今回のミコの足の棒っぷりは一体。


電波教師
ドラマCDが出るって事はそれなりに支持されてるって事なんだろうがこの漫画の読者層がいまいち分かんないだよね。

中高生があんまドラマCD買うとは思われないんで年齢層的には大学生以上って事なんだろうか。




何も無いけど空は青い
設定的にある程度致し方ないとはいえシリアスが止まらんやのう。


キャプテン・アース
あーあアニメではこの前ようやっと退場してくれたクソ野郎がついに出て来ちゃったよ。

銀の匙 Silver Spoon、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、畑健二郎『ハヤテのごとく!』が表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー24号PART.2の感想はこちらから
週刊少年サンデー22・23号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー22・23号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ハヤテ450回バンザイ、ハヤテくん。わかってたけど今ここでいちゃついたら霊が出てきたかも、バッドエンドにならずにすみました。という話なのだろうか?
おやてん
2014/05/15 20:19
新連載はどっちも面白くて良かったなと
最近はわりと読める新連載続いてて満足です キャプアス以外は
通りすがり
2014/05/15 21:17
>おやてんさん
いやハヤテはナチュラルにスルーしたんだと思うで普通に
TALKING MAN
2014/05/15 23:30
>ヘブンズランナーアキラ 第1走 ランナーズ ハイ!!!二階堂ヒカル、新連載表紙&巻頭カラー
>ようするに『エンジェル伝説』の陸上バージョンというかなんというか。

私的にはサンデーという事で、お茶にごすを思い出しましたね。
閑人
2014/05/15 23:34
>通りすがりさん
特に後者は勢いがあったけどただやはり二人とも新人なだけに先行き的にちょい不安が

キャプアスに関してはホントサンデーは学ばんよなあと
TALKING MAN
2014/05/15 23:35
>閑人さん
ああデビルまークン、たしかにその発想は言われてみるまで無かったです、ただやり返しはしないっぽいんでそういう意味ではちょっと違うかなと
TALKING MAN
2014/05/15 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー24号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる