TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ25号)

<<   作成日時 : 2014/05/19 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ハイキュー!!(週刊少年ジャンプ25号)
第109話 開戦
連載2周年突破&第2回キャラクター人気投票開催記念表紙&巻頭カラー

宮城県代表決定戦Aコート第3試合条善寺高校VS烏野高校戦がついにスタート。

初っ端からその自由奔放さを全開にする条善寺に対し烏野の野生児たちが即やり返す一連の攻防は初回の攻防としては満点といっていいんじゃないでしょうか。



ハイキュー!! 11 (ジャンプコミックス)


食戟のソーマ
第70話 対極
センターカラー
カラー扉絵くっそワロタ、なかでもスケバン田所ちゃんが実にエロ可愛くて大変良かったです。

勝負に関してはリョウの出したのが洋風ラーメン、後攻の田所ちゃんが荒々しさと対極な和風ラーメンを持ってくるだろうことを考えるとやはりというか田所ちゃん勝利は固いと見て良さそうな。


斉木楠雄のΨ難
第99χ 粉Ψ!サプライズパーティー(後編)
小ネタは面白いわ、いい話だわで今回は文句なしの良回だったかと。

つかパパさんがこんなに格好いい回って今までで初めてなんじゃ。


ワールドトリガー
第60話 大規模侵攻10
いやあこれはホントに見事な連携攻撃、思わずすぐさま二度読みしちゃったい。

問題はこれでホントに倒せたかどうかなんだが予告を信じてもいいのなら倒せたっぽくはあったり、ただそのかわり一難去ってまた一難っぽくもあるんだが。

ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックス)


Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-
後藤逸平、読み切りセンターカラー
既視感はあるも設定もそれなりに凝ってるしお話的にもなかなか読ませて悪くない仕上がり、ただいかにも新鮮さにかけてる分面白いとまではちょっといえないのだった。

ちなみに既にほぼ記憶はないんだけど感想読む限りでは前回掲載時の方が面白かった模様


暗殺教室
キャプ食いを発動させた原さん、永遠の0の特性をいかんなく発揮した茅野ちゃん、きっちり進化してる糸成2号と小ネタ的には文句なかったんだけど学秀が出てくると一気にテンションがががが。


トリコ
なんやこのカエル、さんざん意味深に出ておいてただの使いっぱかい。

いやま実はオイラが「ダルマ仙人」でしたオチもゼロとはいえんのだけどその可能性は限りなくゼロに近そうだしなー。


黒子のバスケ
なんかどっかで見たことあると思ったらアレだな『鋼の錬金術師』の真理の扉。


ニセコイ
初手から愛人になる気満々のつぐみなシーンはたぶん笑うところなんだろうけどうーむ……、あでもこの設定の薄い本読みたいです。


銀魂
酷いことになるだろうとは思ってたけど予想以上に酷かったでござるの巻(笑)>女に美も醜もねェ、ブスも美女も差別なく平等にただの穴として口説くのが俺の作法だ

それにつけてもツッキーはほんとチョロ可愛いやのう。




SOUL CATCHER(S)
ああやっぱ生きてたのね、そして黒子に続いてこちらにも真理の扉が(違)。

こうなったら左足を対価にだな、ま個人的には黒条を賢者の石に錬成しちゃうのをオススメしたいが。


ILLEGAL RARE
ブラック、ブラウンと来て次はブルーと来ましたか、とするとやっぱカレー好きのイエローとか熱血レッドとかも出てくるんかね。


i・ショウジョ
今回のエピソード自体はまあきれいにまとまったと思うんだがどうやらこれも打ち切り決定と。


ステルス交境曲
今回初めて面白いと思ったかも、でもま今更いかんともしがたいわけで。

次号、川田「火ノ丸相撲」が巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年ジャンプ24号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
読切
主人公?のオーバーソウルの正体は連載でみたいに説明ばっかりでしたが、無理な気が・・・主人公の持ち霊は吉田松陰?
バトル物をやるならもうちょっと動きのある絵でないと。

iショウジョ
これはまとめて来ましたね

ステルス
今まで伏せてた設定とか全部出してきましたね。ちょっと面白かったです。やっぱり新しく主人公を立てるのではなくアリスとかトロマを主人公にした方が良かった気がします。短期打ち切りなので主人公にも思い入れがないのでラスボスってのも勿体ないですね。というか魅力ないキャラだし。血界戦線は初めレオが主人公だと思ってました笑。あれはジョジョでいう康一だったんですね。
天野先生は絵は上手いのに単独でも駄目。原作付けても駄目で報われませんね。
ゆうき
2014/05/19 22:28
ステルス交境曲>
やっとお話が転がり始めましたが時すでに遅しという印象です。
初期設定に凝りすぎ&ひねりすぎで世界観の説明(一般的にあまり面白くない部分)に時間を取られ、スタートダッシュで勢いをつける鉄則を守れなかった。
少年漫画は最初に物語の中心になる魅力あるキャラクターを前面に押し出して、設定なんて後付で読者から突っ込まれるくらいでいいと思うんですけどね。
原作者ってお話作るプロなのに過去のヒット作の研究とかしないのかなあ?
あき
2014/05/19 22:38
ステルス
成田先生はスロースターターなとこありますしそもそもジャンプにあってなかったんじゃないかと
通りすがり
2014/05/20 04:59
>ゆうきさん
>読み切り
ああアレ吉田松陰って意味だったんだ、までもどうでもいいかなw

>天野先生
正直今度は行けると思ってたんだけどマンガって難しいやねw
TALKING MAN
2014/05/21 00:17
>あきさん
このスローペースはわざわざラノベ畑から引っ張ってきたって事でプロテクトついてるからと思ってたら全然そんなことなかったというw

>少年漫画は最初に〜
これは特にジャンプだとそうですね
TALKING MAN
2014/05/21 00:20
>通りすがりさん
成田先生の本はほとんど読んだことないんでスロースターターかどうかは何ともですがだとするとやっぱ向いてなかったんでしょうね
TALKING MAN
2014/05/21 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ25号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる