TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン23号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/05/07 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ベイビーステップ(週刊少年マガジン23号PART.1)
#297 共鳴
センターカラー

なんかこのドローすっげえわかりにくいんですが、えーとようするに小西って人に勝ったら次は第6シードの秋本って人で、で予選突破をかけて浅野さんと激突という解釈でいいんかね。

出来ればせめて予選はそんなに時間かけないで欲しいんだがあんまそういう期待はせん方がいいんだろうなー。

ちなみに門馬というバナナキャラはたぶんに噛ませなんだろうが問題はそれが誰になるか、とりあえず現状は難波江が最有力っぽい感じだけどさて。




週刊少年マガジン23号PART.2の感想はこちらから


せっかち伯爵と時間どろぼう
第22話 ああ有象無象
始まった時はまさかこんなに長くなるとは思わんかった旅編がようやく終了と。

今週でいえばダイレクトにトキが出て来たのはたしかに笑えたんだがオチがコレて。


AKB49〜恋愛禁止条例〜
第180話 神様に愛されて
岡部さんついに再登場キタコレというお話、つか真面目な話何話ぶりになるんだっけか。

後冒頭吉永は兎も角として実は一体どういう理由で休んだ事になってんだか。


FAIRY TAIL
巻頭カラー
フリーザの女の子バージョンなキャラのSMプレイを見せられてもだな……、あでもガチで落ち込んでるミネルバなシーンは良かったです、愛だよなあ(違)。


あひるの空
今更とはいえほんと話進まんやのう。

それはそれとしてだ今週読んで『あひるの空』の次は音楽系漫画ってのはどうだろうとちょっと思ったり。


山田くんと7人の魔女
え結局嫉妬(というとちょっとオーバーだが)だったんかいや、そして「あのこと」とは一体。


我妻さんは俺のヨメ
伊富さんが出て来た事自体は嬉しいんだがまたえらいイメチェンしちゃってまあ。


アホガール
『マンガ家さんとアシスタントさんと』のアニメはなんだかんだで見続けてたり。

メインヒロインがアホというウザさには耐えられないんだが主人公がアホな分にはまだマシなんだよね、よしこに比べれば愛徒はかなり常識人だしさ。


マンガ家さんとアシスタントさんと 第1巻 [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント (2014-06-25)
売り上げランキング: 4,139


新海綴りの読解録
順調に下がってきた掲載順見るに、どうやら時間の問題かね。


ちょっと盛りました。
きつねの窓は『もっけ』で読んだ記憶が。


もっけ 9 (アフタヌーンKC)
熊倉 隆敏
講談社


表紙&巻頭グラビア
ももいろクローバーZ

聲の形は休載。

次号、瀬尾公治『風夏』が巻頭カラーで、寺嶋裕二『ダイヤのA』がセンターカラー&一挙二話で登場。

週刊少年マガジン23号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン21・22号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン21・22号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いとうらん
くららがたった!
どうなんだ!?
おやてん
2014/05/07 20:10
いやどうなんだと言われても
TALKING MAN
2014/05/07 20:23
>>我妻さん
もうこの漫画にヒロインの活躍は期待するだけ無駄な気がする。
メインヒロインの我妻さんすらいまだに禄にキャラが立ってない現状からするに。

>>アホガール
TALKINGMAN氏の愛する岡本倫作品の刹那的な作風と比較して御覧なさい。
よしこのキテレツっぷり程度、微笑ましい次元ではありませんか。
閲覧者その3
2014/05/07 23:11
あひるの空いつまでどうでもいい寄り道続けるの
1回戦が始まるまでまだまだ長そう
忍耐力が試されますな・・・
プリモ
2014/05/07 23:25
>閲覧者その3さん
>我妻さん
つかメインヒロインズのなかではぶっちゃけ我妻さんが一番キャラ立ってないよね

>アホガール
いやま刹那的な作風自体は否定せんけどw、さすがにベクトルが違いすぎて比較の対象にはし難いかなと
TALKING MAN
2014/05/07 23:44
>プリモさん
なんか長期休載を経て更に開き直った感があるというかなんというか
TALKING MAN
2014/05/07 23:46
あひるの空はバスケ漫画を描きたいんじゃなくてバスケ部員の高校生活を描きたいんじゃないですかね
群像劇というほど大げさなもんじゃないですが各キャラ丁寧に掘り下げてますし
だってスポーツ漫画で教員間の考え方の衝突(しかも選手育成と関係ない)とか普通描かないでしょうw
あき
2014/05/08 08:58
こんにちは。我妻さん・伊富さんのリフレッシュに驚きました。可愛さ倍増でした。
竹丸
2014/05/08 22:43
最近の少年マガジンは、学園マンガやフアンタジーにしろ似た内容が多いですね。昔の少年マガジンのように違うジャンルが読んでみたいですね・・。
竹丸
2014/05/08 22:49
瀬尾先生の作品・「風夏」も、君町で散々やってきた内容を、描いているようなもんだし・・。
竹丸
2014/05/08 22:54
>あきさん
元からそうだったと云えばそうなんだけど、休載が増えて以降そっちの方向によりシフトした感はあるよなあと
TALKING MAN
2014/05/08 23:23
>竹丸さん
個人的には面白ければジャンルは問わないんですがそれがなかなか、風夏はとりあえず現状毒にも薬にもならないんでこれはこれで的な
TALKING MAN
2014/05/08 23:25
>ベイステ
勝木先生は変人がお好きなんやろかw>門馬 じじ臭い主人公、精神年齢詐称にも程がある難波江…そう言えばコートに絵を描くとか言ってたキャラがいたような
アンノウン
2014/05/12 00:01
ついにアニメに出て来たで>そう言えばコートに絵を描くとか言ってたキャラがいたような
TALKING MAN
2014/05/13 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン23号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる