TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン21・22号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/04/23 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

青春少年マガジン 紙の翼(週刊少年マガジン21・22号PART.1)
最終回 森川ジョージ・後編
塀内夏子、集中連載最終回。

前回と違いインタビュー企画ということでそんなに面白くならんとは思ってたけど予想以上におもんない仕上がりに、まあこの世代にドンピシャな人が読めばまた違うんだろうけどさ………たぶんおそらくきっと。

今回でもちばてつやについて熱く語ってるけど正直そんなこと言われてもなあと、いやオレも勿論あしたのジョー、あした天気になあれ、後なぜか今アニメが始まったのたり松太郎などなどいちおうそれなりには読んでるんだけどハマって読んだかというとやっぱそうじゃないわけで。

後ジョージが
「最近はちょっとずつ自分の描きたいことなんかも入れてるんだ」
とか言うてたけど最近っていつのことなんだか、個人的にいえば板垣のやりたい放題見てるとあのへんだろと思うんだが今回読む限りつい最近っぽいから絶対違うんやろなあ。


おれたちの頂 復刻版 (ヤマケイ文庫)
塀内夏子
山と渓谷社
売り上げランキング: 21,072

デビュー作が復刊!! って実は読んでいないのだった

週刊少年マガジン21・22号PART.2の感想はこちらから


七つの大罪
第74話 果たされる約束
親友同士の哀しすぎる戦いもついに完全決着を迎えることに。

ところでラストの「やあ…久しぶりハーレ…クイン」は正気に戻ったという意味なのか、それとも最期に及んで素直になったという事なのか。

いやね正気に戻ったのならついでに計画の方もだなとちょっと思ったりもしてだな、まどっちにしてもそこまでの余力は無さそうではあったんだけれども。


ベイビーステップ
#296 決断
なっちゃんがアメリカ留学て、アカンある日日本で頑張るエーちゃんの元にアヘ顔ダブルピースな映像が送られてくるという薄い本が捗っちゃうじゃないですか。

真面目の話、だったらエーちゃんもこの際アメリカに行くしかないよねと、実際フロリダにはつてあるんだし、もちろんアメリカは広いんでそれでも遠距離になる可能性は十分にあるんだけどさ。

ただそれもやはり全日本で好成績次第なんだよね。

そういやちょい前に準決で難波江、決勝で池とかあまり考えずに書いてしまったがよく考えると池以外にトッププロも参加するんだよなあ、今更ながらにハードル高いなり。


神さまの言うとおり弐
第62話 風になりたい
明石たちになかなかナンバーが付かないのはたぶんそういうことなんだろうと思ったらやっぱりねと>ナツメグ生存

十中八九そうだろうとは思ってたとはいえいやあ良かった良かった。


山田くんと7人の魔女
ミイラ取りがミイラにとはこの事かみたいな。

ちなみに寧々がスルーされたのはこんなんで知られるのは可哀想というよりはお話の都合なんだろうけど、とまれ良かったです。

山田くんと7人の魔女(12) (少年マガジンコミックス)


ダイヤのA
いかになんでもこの流れで実はやはり打った時に右手痛めててそれが原因でホームラン打たれました展開はないと思いたいところだが。




はじめの一歩
モードミキストリと来ましたか、あいかわらずネーミングが厨二病前回すなあ。

後チャンピオンが学ラン着てるとしか思えないんだがアレは一体。


波打際のむろみさん
見開きくっそワロタ、つかアレ完全に挿入ってるよね、尻子玉抜くってそういう事なん?


ちょっと盛りました。
聖地巡礼ねえ、でも成増といえばやっぱとんねるずの石橋貴明だと思うの。


表紙&巻頭グラビア&ポスター
柏木由紀

次号、真島ヒロ『FAIRY TAIL』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン21・22号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン20号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン20号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちばせんせいリスペクトもありましたが、今回は何気ない一連のシーンに注目してたり別の回でもモブの動きに対しての話があったので漫画家としてはそういうところの工夫も取り上げたかったのかなあと思いました
名無し
2014/04/23 20:32
ああそれはたしかに、ただその辺も含めてこのページ数だとどうしても中途半端になっちゃうのが難だなあと
TALKING MAN
2014/04/23 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン21・22号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる