TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー20号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/04/17 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

神のみぞ知るセカイ(週刊少年サンデー20号PART.2)
FLAG267 コイノシルシ

ここでまさかのちひろエンドとは>ちひろ…お前が好きだ

いやま「ゲームを終わらせる」ってあたりいろいろ解釈できるしちひろが振る可能性もゼロじゃない事を考えればまだまだ油断は出来ないんだけれど、でも個人的にはこのまま素直に行ってもらいたいなあと思うのだった。

ちなみにエルシィが妹になるのは想定通りとはいえハクアからも記憶が消えちゃったのはなかなかに切ないものがあったやね。




週刊少年サンデー20号PART.1の感想はこちらから


名探偵コナン
FILE893 バーボンの追究、緋色の序章
劇場版公開直前記念ということで表紙で登場。
そんなもん知らんがな>アメリカでは正解にはペケをつけるんですよ

ラストのジョディは当然ベルモットの変装だよね、ようするにこれで赤井の生存が完全にバレたと。

ちなみに次号予告で
「劇場版の衝撃の斜め上を行く超弩級の衝撃っ!!頁を捲る指が震える…超禁断の緋色シリーズ次号のサンデーにて開幕!!!」
ってえっらいアオッてるけどさてはて。


マギ
第222夜 原始竜
神殺しと来たらもう自分が神になるぐらいしか無さそうだけどそう単純でもないんかね、つーことで次回はその辺のことが明らかになりそうなマギ特別編「ダビデ王の手記」とのこと。

それはそれとして前半のコミカルな展開は実にらしくて和んだことであるよ。


マギ 21 (少年サンデーコミックス)
大高 忍
小学館 (2014-04-18)


NOBELU -演-
第五十話 君が決めるのよ
うんオレも全員ノベルが選ぶのかしらん安西先生無茶しよんなあと思ってたわ。

でミコが選んだ相手なんだけど誰なんだろか、トーリはまだ間に合わんだろうしとするとまったくの新キャラかそれとも不死鳥のように蘇ったテトラだったりするのか。


常住戦陣!!ムシブギョー
巻頭カラー
貴重なおっぱいさんが……、つってもだからといってコレ以上引っ張られても困るんで致し方なくはあるんだけれども。


何も無いけど空は青い
仁吉が来ることをここまで確信しているとは、華羅さんマジパねえっす。


史上最強の弟子ケンイチ
千影は再教育されちゃってるのか、とすると宇喜多が命がけで何とかするって展開が濃厚か、のっぺりさんとジジイに関してはまあ大丈夫だろう……たぶんきっとおそらく。


ファンタジスタ ステラ
いやまあリアルでもままあることとはいえそれを外しちゃアカンやろ>塁

とはいえ今回は久々に沖田が活躍した事もあってトータルでは悪くはなかったかと。


國士無双!!
引っ張ったわりにはつまんない真相やったのう、でもまようやっと終わってくれそうなんでオッケーです。

銀の匙 Silver Spoon、境界のRINNE、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、田中モトユキ『BE BLUES!〜青になれ〜』が連載150回記念表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー20号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー19号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー19号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだかんだでコナンは話が進みだすと面白いなぁと
こち亀とか一歩とかの他の長期連載の老害作品と違って看板作品としてちゃんとしてるなぁと まぁいまだにコナン頼りなのもどうかとは思いますが
通りすがり
2014/04/18 09:06
このままずっと黒の組織のターンでやってくれればなあと思うんだけどそれこそサンデー困るだろうしなあ
TALKING MAN
2014/04/18 23:45
確かにアメリカ式で書いたことは非があるといっても以後気を付けますで済む話なのに殺す気満々だった親って・・・
これさらっと描写されてたけどこわいですよ
名無し
2014/04/20 20:06
うんたしかに、でもまあ教師ってアレな人が多いからという作者なりの皮肉かも………ないかw
TALKING MAN
2014/04/21 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー20号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる