TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー16号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/03/20 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

何も無いけど空は青い(週刊少年サンデー16号PART.2)
第1話 暴力の支配する時代
原作/西森博之 作画/飯沼ゆうき、新連載表紙&巻頭カラー

この設定どっかでと思ったら『満天の星と青い空』のアナザーストーリーなわけね、なるほど。

まあ悪くはないんだけどやはりというかキャラやセリフ回しなどなどいかにも西森節なのにもかかわらず(原作だから当たり前なんだけどさ)作画が西森じゃないことへの違和感が半端ないのがなあ……。

つーわけでこの違和感に慣れられるかどうかがポイントになりそうかなと。


満天の星と青い空
満天の星と青い空
posted with amazlet at 14.03.20
西森 博之
小学館
売り上げランキング: 22,022


週刊少年サンデー16号PART.1の感想はこちらから


銀の匙 Silver Spoon
第98話 四季の巻1
四季の巻ねえ、展開がダイジェストというか小ネタ集って感じだったのは今回だけだと思いたいところだけどさて。

以下羅列
・あやめちゃん結局編入試験落ちちゃったと
・大川先輩の評判すっかり地に落ちとるなー
・ますこぶる自業自得なんだけどさ
・フランス編くるーと思いきやそんなことは全然なかったぜ
・姉貴じゃなくて兄貴なのな>ベルばら
・まさかの観賞魚オチ、そういやノルマンディといえば上陸作戦思い出すように海辺の街でもあるんだよな
・後世界遺産のモン・サン=ミシェルとか


國崎出雲の事情
第百八十七幕 男の中の男でしょう!!
斬歌舞伎まで引っ張り出してくるとは、いやあまさにオールキャスト。

とまあそんなこんなで次回ついに最終回、これは普通に期待していいんじゃないでしょうか。


常住戦陣!!ムシブギョー
第149陣 柳生新陰流(後編)
流れ的にパパさんが瞬殺されたんで恨んでるかと思いきや……、正直柳生ってあんま良いイメージなかったんだけどパパさん己の実力をちゃんとわきまえたいい人やんな。

いやままだまだお子様な義怜には分からんってのも分からんでもないんだが、仁兵衛がとばっちりすぎてもうね>全てはあいつのせいだ! あの月島仁兵衛がこの江戸の来なければ!!!


キリヲテリブレ
森多ヒロ、新連載第3回
すごく進撃の巨人っぽいけどでもま今回は今まででは一番良かったかも。


クロノ・モノクローム
センターカラー
ガンダムファイトならぬチェスファイトと来ましたか。

クロノ・モノクローム(1) (少年サンデーコミックス)


月光条例
オオイミ王ウザすぎワロエナイ、つかいいのかかめはめ波とかゴムゴムのバズーカとか。


姉ログ 靄子姉さんの止まらないモノローグ
実は痛トップなんだけどなーみたいな>見て見てー! 我が校の二強が会話をしているわー!!

そういやふぶき会長が昔会ったみたいな事モノローグってたけどその話ってやったんだっけか。


名探偵コナン、最上の明医〜ザ・キング・オブ・ニート〜、アラタカンガタリ〜革神語〜、ファンタジスタ ステラは休載。

次号、大高忍『マギ』が表紙で、他果向浩平「クレーシャの鐘」が読切で登場。

週刊少年サンデー16号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー15号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー15号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
西森先生は年だし目も悪いみたいだから原作だけっていうのはしょうがないとしても作画は別に飯沼先生じゃなくてよかったよなぁと
そんなに絵が上手いわけでもないしいつわりはクラサン行って背景白かったしちょっと不安です 内容は良さそうなんですけどね
通りすがり
2014/03/20 23:56
いつわりはウェブ行ってからは読んでなかったんであんま知らないんですがそうなんですか。

西森的という意味でべるぜバブの田村隆平が描けばけっこう嵌りそうな気もするんだけどでも絶対無理やしねえw
TALKING MAN
2014/03/21 00:06
西森先生は目が悪くてペン入れできないらしいししゃあない。飯沼先生も頑張って絵を西森テイストにしようと努力しているのは分かるんですが・・・
無題
2014/03/21 01:23
■銀の匙
ノルマンディー上陸作戦といえば映画プライベート・ライアンを思い出しますね

さしずめ吉野はそのライアン二等兵の気分だろうなあと思いますね
4692
2014/03/21 03:45
>無題さん
たしかにいつわりとはまた違う感じではあるんですよね、あんま覚えてないんだけどもっと線が細い感じだったというか>飯沼先生
TALKING MAN
2014/03/21 19:34
>4692さん
実はプライベート・ライアンって見たことないんですよね、そういう戦争系イマイチ苦手で
TALKING MAN
2014/03/21 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー16号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる