TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー15号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/03/13 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

銀の匙 Silver Spoon(週刊少年サンデー15号PART.2)
第97話 冬の巻 終わり

ボツオチはまあお約束としてあの新入生が女子な事には騙されちゃったい、読み返したら初登場時にちゃんとスカート履いてんだよね、いやあビジュアルに引っ張られちまったぜ(笑)。

しかし絆の農業ビジネスねえ、理想としては悪くないんだろうけどそらこんなふわふわとしたコンセプトにそう簡単に金は出せんわな。




週刊少年サンデー15号PART.1の感想はこちらから


マギ
第217夜 異種族
まだまだ続くアルマトラン編。

ソロモンのアラジンを思わせる天真爛漫っぷりとか、ウーゴ君が理系オタだったりとか実に興味深くはあるんだけど最終的に悲劇に終わることが分かってる(ソロモンとイスナーンの信頼関係が切ないです)だけに面白いとまではやっぱ言い難いのだった。


BE BLUES!〜青になれ〜
第145節 龍の意識
江藤さんは和菓子屋の娘と来ましたか、なかなかにトレンドを抑えてるあたりもしかしてアニメ化を意識して………やっぱないな。

それはさておき今回は見事に皆に火を付けてみせた龍ちゃんが流石というかなんというか 後はまあボールボールボール(はーと)なカスラバさんがやたらプリチーだったなあとか。


劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]
エイベックス・マーケティング (2014-02-28)
売り上げランキング: 166


ファンタジスタ ステラ
第67話 ロナウド包囲網
ポルトガルの選手がヘタレてる理由がさっぱり分からんのだが。

まそれはそれとして「ツボーチ卿のサッカーブログ」ワロタ(つっても『LOSTMAN』読んでない人にはイミフだが)、でもなんで日本代表のユニフォーム着て日本語でブログ書いてんだよ。


恋愛力学のススメ
鷲尾和哉、読み切り
設定的にそこはかとなく『RANGEMAN』を思い出したり、あれはホントに良い漫画だったのだがなあ……。


氷球姫 常磐木監督の過剰な愛情!
あいかわらず作画が微妙だけど頑張ってる感が伝わってくるところは良いよねと。


史上最強の弟子ケンイチ
弟子の方も多勢に無勢と、いやまいちおう味方になってくれそうなのも居なくはないんだけどさ。


境界のRINNE
続くんかい!


姉ログ 靄子姉さんの止まらないモノローグ
ついに生徒会長が本格登場としたかと思いきやいきなり姉宣言とか。

アラタカンガタリ〜革神語〜、神のみぞ知るセカイは休載。

次号、原作/西森博之 作画/飯沼ゆうき「何も無いけど空は青い」が表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー15号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー14号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー14号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
銀匙は1年生で終わりって荒川先生が言ってましたけどどうなるんでしょうね
あの下級生がまだまだ続けるために出したのかハチとアキをくっ付ける為だけに出してくっ付いた後は時間とんで卒業にいくのか そりゃ続いてはほしいんだけど作者の意向にそむいてまではやってほしくはないしなぁと
通りすがり
2014/03/13 22:37
どうなんだろねえ、でも新入生出したって事は普通に二年生編やるって事なんじゃないかと、ただ一年生編みたく季節ごとに一年間きっちりやるかと言えばたぶんそうじゃない気が
TALKING MAN
2014/03/13 22:47
>ビーブルーズ
選手登録を確実にされるにはAチームに勝たなければいけないもんな。そのためにはいろいろと問題を解決しなければならいなんだがな。
トラン
2014/03/13 22:49
今回はまあ実力差のある相手ということで負けは仕方ないにしてもいかに自分の力を示せるかってのが今までだったんだけど、龍ちゃんはその常識に一石を投じてみた的な。

ただたしかに問題は山積みだったり、ミルコが監督やれば可能性は広がるんだが
TALKING MAN
2014/03/13 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー15号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる