TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー16号PART.2)

<<   作成日時 : 2011/03/18 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

BUYUDEN 武勇伝(週刊少年サンデー16号PART.2)
第1話 武勇と要萌花
満田拓也、新連載表紙&巻頭カラー

『MAJOR』大団円から約8ヶ月、ボクシング漫画を引っさげて満田拓也がサンデーに復活。

主人公はまた吾郎タイプなのかよと思ったら沢村だったでござるみたいな。

ちなみに性格はともかくとしてヒロインが主人公の水先案内人になりそうという設定的にはちょっと『のぞみウィッチィズ』を思い出したかな。

兎にも角にも一話目からテンポよく読ませてリーダビリティは抜群、お話的にも十二分に面白かったんでこれは素直に期待して良いんじゃないでしょうか。





週刊少年サンデー16号PART.1の感想はこちらから


神のみぞ知るセカイ
FLAG135 Mission in complete
「ボクは死んだって………月夜を守るよ…!!」
桂馬の真実の言葉が止めになってついに女神復活!!

ただハクアとノーラのしくじりもあってどうやら即その言葉が真実なのか試されそうな予感が…。

ま、それはそれとしてベヘリットみたいなガウ攻撃空母吶喊ワロタ(笑)>ギャルゲーに栄光あれええええ!!



マギ
第85夜 犯人は?
十中八九夏黄文だろうと思って実際そうだった訳だけど、まさかこういうキャラで来るとはなー>何というちゃっかり腹黒

いやあもう
ちなみに犯人は、私である。

以下のモノローグで大笑いだったことであるよ。

それはさておき、どうやらそれほど面倒くさい性格ではなさそうな練白龍の重大な目的とはいったい。

ま、普通に考えれば白瑛の事かなあとも思うんだけれども…。


以下羅列
・アリババは子供ではないと
・手放しに泣く紅玉ちゃん可愛いよ紅玉ちゃん
・しかし夏黄文も人を見る目は甘いのな、シンドバッドが操られるような玉では無いことも見抜けないとは
・まあそれだけ自分に自信があったって事なのかもしれんが
・自分がさんざんシンドバッドを疑ったことを棚にあげての唾吐きはけっこう非道いようにみえるけど
・自分もまた懐刀にして策謀担当ということで夏黄文の考えが手に取るようにわかるんだろうなあ>ジャーファル



境界のRINNE
第89話 黒猫生命
悪霊のヒナで吹いた。

つくづくこの漫画における悪霊ってフリーダムだよなあ。



境界のRINNE 7 (少年サンデーコミックス)
高橋 留美子
小学館 (2011-03-19)



鋼鉄の華っ柱
第22話 運命の日
あーあのモヒカン&メッシュは『今日俺』のセルフパロディキャラだったわけね>俺は他人と違う人生が欲しくて思い切って髪型を変えた

ちなみに可哀想な夏野に関してはアッサリ手抜きを見ぬかれてより恨まれる事に、でまあそこまで読んでいた真道がまた美味しいところをかっさらうと(笑)。

鋼鉄の華っ柱 1 (少年サンデーコミックス)



結界師
第342話 創造
限登場&分身良守と肩を組むシーンには不覚にも泣きそうになっちまったい。

さてお話は確実に終わりへと向かっているわけだけどこの引きはどうなんだろ、もう一波乱ある?



はじめてのあく
第104話 再会
ついに対「真世界(ネビロス)」なバトル編スタート。

なんかいよいよ『ドラゴンボール(主にサイヤ人襲来編)』ちっくになってきた感じだけど、一人一人見せ場をつくろうとするとこうなるしかないんだろうなあということでとりあえずここまではオッケー。

ただ問題は次回からだなあ、真打ち(ジロー)登場までDBほどは悲壮感漂わずにかつそれなりに盛り上がってくれる展開を期待したいんだけどさて。



絶対可憐チルドレン
251st sense.スタンド・バイ・ミー(1)
新シリーズはどうやら葵&影チル編(というかティムメイン回?)になる模様。

でまあラストの頭痛だけど、やっぱ失った記憶が戻ってくる兆し?


付録
AKB48 クリアファイル

KING GOLFは休載。

次号、原作・構成/鹿賀ミツル 作画/加藤広史「おすもじっ! 司の一貫」がセンターカラーで新連載スタートとの事。


週刊少年サンデー16号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー15号PART.1の感想はこちらから
週刊少年サンデー15号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>マギ
なんて嫌らしい目&覗き方なんでしょう、さすがムッツリ気質&モテない王子様>子供扱いされないアリババ

つかアラジンのおねいさんに対する行動見ても子供扱いするんだ>ジャーファル

255ページのシンドバッドすげえ怖い。背後霊にしか見えない。

そしてジャーさんは上司同様自分の発言を棚に上げると
アンノウン
2011/03/19 00:12
結界師とはじあくはどちらも好きな作品なので最近の展開には一抹の淋しさが…。
 
それはそれとして夏黄文は意外と憎めないキャラというか、腹黒ではあっても外道ではないキャラみたいですね。まあ外道の意味にもよりますが…。
突っ込んだら負け
2011/03/19 01:03
>アンノウンさん
>アラジンのおねいさんに対する行動
でもまあアラジンだとたしかに嫌味がないというかw

>そしてジャーさんは上司同様自分の発言を棚に上げると
謝ったから済んだということでアレはまあ腹心としての行動なんでせう
TALKING MAN
2011/03/19 20:45
>突っ込んだら負けさん
>結界師とはじあく
結界師(これはまあ終わりごろということで)はともかくはじあくはまだ希望をすてませんw

>夏黄文は意外と憎めないキャラというか
ホント、予想以上の良キャラになりましたね^^
TALKING MAN
2011/03/19 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー16号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる